外国人の電車でのマナーが悪い!南海電鉄ではアナウンスで本音が!

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外国人


電車マナーで調べると、よく、

「外国人の電車マナーが悪い」

という言葉を目にします。

それを象徴するかのような出来事が、2016年の南海電鉄のアナウンスで、

「本日は外国人のお客さまが多く乗車し、ご不便をお掛けしております」

と言われたことも、忘れてはならない事実でしょうね。

では、実際のところ、どうして外国人の電車マナーが悪いのでしょう?

当記事では、外国人の電車マナーが悪い理由について、考えてみようと思います。

[adsense]

外国人の電車マナーが悪いと評判に…

電車マナーというと、最近では携帯電話がペースメーカーといった医療機器に与える影響が少なくなったため、ルール緩和がおこなわれたりするなど、色々と変わってきていますよね。

しかしそんな中、乗客を悩ませるケースも依然としてあります。

その変わらないことというのが、

外国人の電車マナーの悪さ

です。

「外国人の電車マナーが本当に悪い!」

と、ネット上でも、かなり多くの話題を見かけます。

  • でかい荷物を席の邪魔になるように置く
  • 騒いだり座席で寝転がる子供を放置する
  • 大音量でヘッドホンから音楽が漏れる

など…。

いろいろなマナーの悪さを感じますが、中でも一番迷惑しているという意見が多いのが…

とにかくうるさい

ということ。

電車内で平気で大声でしゃべったり笑ったり、さらには何のためらいもなく通話をしていたり…。

とにかく、耳をふさぎたくなるくらいうるさいのです。

これはそろそろ、車内アナウンスで、外国語での駅案内だけはなく、

「電車内では通話をしないようにしましょう」

という注意も、外国語のアナウンスで流すべきなのではないでしょうか。

電車内でベラベラと大声でしゃべるなどもってのほかですよね。

1 2 3 4
ページトップへ