レタスなど野菜の価格が高い(高騰)理由!値段の安い時期はいつ?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レタス

しかし、8月中旬頃から、キュウリやレタスなどの価格が20%も上昇し、その後も小幅ながらも価格上昇は継続。

2017年9月も、徐々に値上がりを続けていました。

おもに、

  • トマト
  • レタス
  • キュウリ
  • キャベツ
  • ピーマン
  • ほうれん草
  • ニラ

が対象だったみたいですね。

では、台風がそれほど直撃したわけでもない2017年は、どうしてトマトやレタスが高騰してしまったのでしょう?

 

レタス・トマトなどの野菜価格が高くなった理由・原因は?

2017年に、トマトやレタス、キャベツやキュウリなどの価格が軒並み高騰したことには、どんな理由があったのでしょう?

その原因となったのが…

長続きした雨、そして日照不足

です。

2017年8月は、東京では連続降雨日数が21日を記録するなど、雨続きでしたよね。

さらに、東北では、

仙台で7月22日から32日連続の降雨を記録

するなど、東日本全体で雨がひどく、その影響で日照時間もかなり少なかったのです。

これによって、野菜の産地で病害や生育遅れが発生。

結果的に不良となり、出荷できる量が減っていきました。

中でも、日照不足の影響を受けやすいキュウリやトマト、レタスなどの価格がかなり高騰してしまったわけです。

逆に、北海道で順調に生育が進んだタマネギは価格が平均的だったことからも、それは伺えます。

また、9月からは関東での出荷も始まりますが、関東産もやはり日照不足の影響を受けて、多少の出荷遅れや出荷数減となる見込み。

それでは、この野菜の価格高騰は、いつ頃まで続くのでしょうか?

 

レタスなどの野菜の安い時期はいつ?

このように、夏ごろに価格高騰の続くトマトやレタスといった野菜ですが、具体的には、いつ頃安くなるのでしょうか?

1 2 3
ページトップへ