中日ドラゴンズのドラフト会議2016結果一覧!補強は投手中心!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中日ドラゴンズ


中日の2016年のドラフト会議が終わりました。

結果としては、ドラフト1位に柳裕也投手を指名することができ、個人的には非常に満足です。

ドラフト2位以下も投手中心で、かつ地元選手も集まった、2016年は、いいドラフトだったように思います。

では、具体的に中日ドラゴンズは誰をドラフト会議2016でチーム補強として指名したのか?

当記事で、中日ドラゴンズのドラフト会議2016の結果・指名選手をご紹介していきます。

[adsense]

中日ドラゴンズのドラフト会議2016の補強ポイントは?

中日ドラゴンズ

最下位に沈んだ2016年の中日ドラゴンズ。

4年連続のBクラスは、2リーグ制になってから初の事態です。

中日ドラゴンズという球団だけで見てみれば、今が暗黒時代と言ってもいいと思います。

筆者としても、2016年の中日ドラゴンズは、見ていて、とてもつまらない試合ばかりで、ここまでため息をついた年もなかなかありませんでした…。

立て直しが期待される2017年へ向けて、その第一歩となるドラフト会議ですが、補強ポイントという意味では、非常に課題が多すぎて、1回のドラフト会議でどうこうできる問題とも思えないのです。

まず第一に投手、特に即戦力先発投手が期待されます。

2016年は2桁勝利どころか、

規定投球回に到達した投手がゼロ

これでは中日ドラゴンズが最下位も当然のことです。

そのため、投手中心のドラフトになっていくでしょう。

しかし、中日ドラゴンズは、もう1つ懸念材料とされるポイントがあります。

それが、外野手です。

しかも、ドラフト会議で外野手を指名するべきかどうかというのも、今の段階では成功とも失敗とも言い切れないという厄介な理由もあるのです。

1 2 3 4
ページトップへ