巨人のドラフト会議2016結果指名選手一覧!7位のリャオとは?

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

代打で、ここぞ!という場面で出せる人はおらず、亀井義行選手がスタメンで出てしまったら、魅力的な代打が1人もいないというひどい有様。

一打逆転の大チャンスで代打・立岡宗一郎選手、堂上剛裕選手など、相手に威圧感を与えるには力不足な選手ばかり…。

クルーズ選手が1年の大半いなかったため、その代わりとなるセカンドは固定できず、また、外野もセンターがずっと固定できなかったのも、控え選手の手薄さを物語っているでしょう。

投手陣も、先発はエースの菅野智之投手以外、ピリッとする投手は内海・田口両投手のみ。

その菅野投手も、貧打な打線に足を引っ張られ援護がもらえず、まさかの9勝で終わるという成績でした。

中継ぎ・抑えも、澤村拓一投手は守護神としてセーブ王に輝くも、野球ファンの間で『マッスルミュージカル』と呼ばれる劇場型ピッチャー。

救援失敗を8回もしてしまうという、クライマックスシリーズでは、第2戦目で信頼感の問題なのか、抑えを任されないという、今後の不安も残る成績でした。

酷使されていたマシソン投手が、たまたま2016年は復活したからよかったものの、同じことを繰り返せばマシソン投手が再び調子を落とすことは目に見えています。

このように、現在の巨人は先発、中継ぎ、強打者、そして内外野…。

何もかもが不足しているのです。

特に、若手が全く成長しないという深刻な状況に陥っているので、今回の2016年のドラフト会議も大量指名がありそうな様相でした。

 

巨人のドラフト会議2016結果!指名選手一覧!

それでは、早速ドラフト会議2016の結果、巨人の指名選手をご紹介します。

ドラフト1位指名 吉川尚輝(中京学院大)

%e5%90%89%e5%b7%9d%e5%b0%9a%e8%bc%9d

巨人がドラフト1位で指名したのは、吉川尚輝選手です。

1 2 3 4
ページトップへ