PSVRは目が悪くなる(視力低下)?疲れる原因と対策をチェック!

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
psvr 目 eye


暫く前から、ゲームの世界で話題を独占していたのが、ソニーが

2016年10月13日に発売した仮想現実(Virtual Reality)機器『PSVR』

です。

PSVRは、これまでエンドユーザーには、馴染みが少なかった

Virtual Realityの世界を、誰でも手軽にのぞき見ることができる

画期的製品です。

これまでの同種の製品に比べてかなり安価で、しかもマイナーメーカーではなく、ソニーという大企業の製品なので、世界中から注目も集まるのでしょう。

さらに、実際にPSVRをプレーした人の声でも、多少の不具合はあるにしても、やはり圧倒的な臨場感・現実感が凄いという声が大半です。

ですが一方では、

  • 目が疲れる
  • 目や視力に悪影響があるのでは?

などの意見も出ています。

そこで今回は、PSVRのプレーで、目が悪くなる(視力への)影響はあるのか。

また、PSVRのプレーによって、目が疲れやすいことはあるのか、そのあたりを調べてみました。

[adsense]

PSVRのプレーで視力への影響は?悪くなる?

PSVRに限らず、コンピューターゲームのプレイ後には、目の疲労を覚えるのが通常です。

とくに、長時間(2~3時間以上)連続してプレーすると、多くの人が、目の疲れを覚えます。

もちろん、これは個人差が大きく、若い人では、それほど疲れない場合もあります。

FPSなどを含めて、通常のゲームと、Virtual Reality(VR)ゲームとでは、

目の負担はVRゲームの方が遙かに大きい

でしょう。

通常のテレビモニタなどであれば、画面と目との距離は、およそ1~1.5メートルと言われています。

しかしPSVRの場合、ヘッドセットを装着した状態で、画面を見るのです。

1 2 3 4
ページトップへ