阪神タイガースのドラフト会議2016結果!評判が最悪の指名とは?

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年のドラフト会議も無事に終わりました。

しかし、1球団だけ、会場のファンからどよめき、そして、ため息に包まれた球団があることをご存知でしょうか?

その球団は、ドラフト評価でも12球団最低のドラフト会議だったと評されるほどの結果だったのです。

スカウトの情報収集能力の低さを露呈させてしまうことに…。

その話題の球団が、阪神タイガースです。

阪神タイガースは、ドラフト1位で白鴎大の大山悠輔選手を指名しましたが、これが阪神タイガースファンから、とくに大不評!

では、なぜ阪神タイガースのドラフト会議2016の結果が批判される評判になってしまったのか?

当記事では、2016年の阪神タイガースのドラフト会議結果の評判が悪い理由について探っていこうと思います。

[adsense]

阪神タイガースのドラフト会議2016結果!指名選手一覧!

まず、阪神タイガースの2016年のドラフト会議の結果から見ていきましょう。

阪神タイガースに指名された選手たちをご紹介します。

ドラフト1位指名 大山悠輔(白鴎大)

%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e6%82%a0%e8%bc%94

阪神タイガースがドラフト1位で指名したのは、白鴎大の大山悠輔選手です。

力強いスイングで柵越えを連発するそのパワーが最大の魅力で、右の大砲として将来性のある4番候補です。

守備位置は、大学ではサードを本職としており、

強肩を活かした守備

が特徴です。

2016年のドラフト候補の中で注目の野手は、京田陽太選手、吉川尚輝選手などがいましたが、いずれも左打者。

右打者、かつパワーヒッターの野手は少なかったため、2016年に一気に注目を集めるようになったのが、大山悠輔選手なのです。

阪神タイガースとしては、2016年は長打を打てる打者が不足していましたし、サードのレギュラーが固定できなかったことも、結果的に穴となってしまいました。

1 2 3 4
ページトップへ