阪神タイガースのドラフト会議2016結果!評判が最悪の指名とは?

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そういう意味では、大山悠輔選手の指名というのは、2016年の阪神タイガースの弱点を補えるピッタリの存在だったと言えそうですね。

ドラフト2位指名 小野泰己(富士大)

%e5%b0%8f%e9%87%8e%e6%8a%95%e6%89%8b

阪神タイガースが、2016年のドラフト会議で2位指名したのは、富士大の小野泰己投手。

182センチの長身を生かした

最速152キロのストレートを軸にスライダー、フォーク、カーブを投げ分ける本格派右腕

です。

しなやかな腕の振りから伸びのあるストレート。

先発で常時140キロ、時折150キロ超えを計測できるのは、評価できるポイントですね。

ただし、コントロールはやや悪く、現時点で完成されているとは言い難い状態。

即戦力ではなく、こちらも育てていくタイプの投手ですね。

ドラフト3位指名 才木浩人(須磨翔風高)

%e6%89%8d%e6%9c%a8%e6%8a%95%e6%89%8b

才木浩人投手は、187センチという長身の右腕。

最速148キロのストレートとスライダーが武器で、手足の長さや球質が似ていることから、阪神タイガースの若きエース・藤浪晋太郎投手タイプとも言われています。

同じ時期の藤浪晋太郎投手に比べるとコントロールは才木浩人投手の方が上。

これで球速を伸ばすことができれば、第2の藤浪晋太郎投手になれるかもしれません!

ドラフト4位指名 浜地真澄(福岡大大濠高)

%e6%b5%9c%e5%9c%b0%e7%9c%9f%e6%be%84

浜地真澄投手は、MAX150キロの本格派右腕。

球威のあるストレートを中心に、カーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップと多彩な球種を持っており、コントロールも高校生にしては良く、評価は年々上げていました。

浜地真澄投手も高校生というだけあって、素材型の、いわゆる秘めた才能が大きいタイプなので、育成が上手くいくか否かが、彼の運命を大きく分けるでしょう。

1 2 3 4
ページトップへ