阪神タイガースのドラフト会議2016結果!評判が最悪の指名とは?

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「誰?」

「なんで一本釣りできたのに佐々木にしないんだよ」

「佐々木は競合してでも取る価値がある、大山は外れ1位でも残っただろうに」

と、辛口なコメントばかりでした。

将来のエース候補として申し分ない逸材を一本釣りできたかもしれないのに、それをみすみす逃しているのですから、これには笑うしかありません。

大山悠輔選手は、2位までならば残ったはずの選手です。

最優先を佐々木千隼投手にして、競合で負けたら大山悠輔選手という戦略でもよかったはず。

阪神タイガースの先発投手層は、とくに薄いわけではありません。

かと言って、厚いわけでもないので、佐々木千隼投手の指名は阪神タイガースとしては、またとないチャンスに見えたのですが…。

ドラフト会議2016でも、解説者の槙原寛己さんが

「これは正直意外でした」

と言っていましたし、視聴していた筆者も思わず、

「え?」

と発してしまいました。

巨人が、ドラフト7位指名をしたリャオレンレイ投手のように、下位での隠し玉ならば、まだわからなくもないのです。

1位指名で、この弱腰では、阪神タイガースの行く先が思いやられますね…。

 

まとめ

阪神タイガースは、ドラフト会議2016で、1位にまさかの大山悠輔選手を指名。

もちろん阪神タイガースの重要な補強ポイントに合致しており『悪い選択ではない』と思うわけです。

しかし、ドラフト1位指名にするほどではなかったのではないか?とも感じます。

それだけに、阪神タイガースファンからは、ため息とブーイングが巻き起こるという、ドラフト会議では異例の事態に発展してしまいました。

大山悠輔選手の1位指名が、はたして阪神タイガースにとって吉と出るか凶と出るか。

2017年のシーズン開幕が楽しみですね。

まぁ、阪神タイガースは、育成が下手という印象なので、阪神に入団した時点で大成しなかったかも、と言われてしまったら、それまでですが…。

1 2 3 4
ページトップへ