山本昌の投球フォームは元巨人堀内恒夫の真似?イヤミとの関係とは

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本昌

の3点だけは、常に守っていたそうです。

そして重要なのは、腕を後ろに持っていき、投げる時。

下半身と上半身がお互い違う方向に動く、いわゆる投球における割れの動作ですね。

身体を大きく使っていると、この割れの動作の時、肩甲骨が開くことで腕が身体に対して遅れて出てきて、球の出どころが判断しにくい投球フォームを実現しているのです。

リリースする直前まで球が見えないと、バッターはどの球種を投げてくるのか、どのタイミングでリリースされるかが判断しづらくなるため、タイミングを外されて山本昌さんのストレートで打ち取られてしまうわけです。

山本昌さんのストレートと言えば、130Km台。

しかもデビュー時からこの球速で、当時の星野監督がルーキーの山本昌さんの投球を見た時、

「あの大きなフォームと体格からどんなストレートが出るかと思ったら、130kmで思わず『本気で投げろ』と怒った」

と振り返っており、あまりの球速の遅さに落胆したというエピソードがあるくらいです。

しかし、それでも球の出どころが見分けづらければ、打ちにくくなるいわけで、しかも山本昌さんのストレートはリリースからキャッチャーの元へ届くまでに、

52回転

していると言われています。

あの藤川球児投手やクルーン投手でさえ、40回転ほどだったというのですから、山本昌さんのストレートがいかに回転していたかが、わかりますよね。

球の出どころが見づらい投球フォーム、そしてストレートの回転数、これが山本昌さんのストレートが130km台に見えず、バッターが苦戦したという理由です。

そんな山本昌さんの投球フォームですが、実はとある元プロ野球選手と大きく関係していることが判明してきました。

1 2 3 4
ページトップへ