認証と承認の違いは?言葉の意味をチェックしてみました!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
認証 eye catch


最近、

『認証』とか『承認』などという言葉

が使われることが増えましたね。

これらの言葉は、言葉としての響きも似ていますし、同じ『認』という漢字が入っていますので、混同、混用されがちです。

これらの言葉は、プログラミングやネットへのアクセス、さらには社労士の試験や医療機器にまで使われています。

そこで今回は、『認証』と『承認』の違いや、言葉としての意味などを紹介していきましょう。

[adsense]

認証と承認の違い!言葉として意味は?

まず最初に、『認証』と『承認』の違いを、ごく簡単に定義しますと、こうなります。

認証は正当性を検証する作業のこと

承認は行為・規則などを了承すること

例で示しますと、

認証と承認 ネットアクセスでの例

認証

認証は、ネットなどにアクセスした時、

本人であることを確認すること

です。

サービス ⇒ ユーザーログイン ⇒ 本人かどうか? ⇒ 本人! ⇒ なら入っていいよ!

となりますね。

承認

承認は、その本人が、何かのデータにアクセスする時に、

「アクセスしてもいいよ」と認めること

です。

サービス ⇒ 認証済ユーザー ⇒ データa ⇒ 閲覧OKかどうか ⇒ OK! ⇒ 見てもいいよ!

サービス ⇒ 認証済ユーザー ⇒ データb ⇒ 閲覧OKかどうか ⇒ NG! ⇒ 見てはだめ!

となります。

少し違うことがわかると思います。

ネットアクセスや、Windowsログインなどを例にとって、もう少し詳しく説明していくと、次のようになります。

認証と承認

認証

認証とは、そのサイトにアクセスしようとしているユーザーの、身分(本人の確認)を確認するための検証作業です。

Windowsを起動した際には、

最初の画面でIDとパスワードの入力を求められますが、これが認証

1 2 3 4
ページトップへ