テレビのウイルス感染経路と対策をチェック!ネット接続が問題?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウイルス

というような警告文が表示され、感染した機器の機能をロックするウイルスです。

ロックをされると、お金を払う以外の操作ができなくなってしまいます。

しかし、こうしたランサムウェアの警告文は、絶対に騙されてお金を払ってはいけません。

仮にお金を支払ったとしても、テレビが元に戻る保証はないのです。

また、ランサムウェアの手口としては、

『iTunesカード』や『GooglePlayカード』などのギフトカード購入を求め、裏面のコード番号を打ち込むように指示

してきます。

銀行振込や、クレジットカードの引き落としなどで支払いがあると、警察の捜査でバレてしまうので、ギフトカードを利用して少額の請求を大人数におこなうのが、ランサムウェアのメジャーな手口ですね。

では、こういったランサムウェアなどのウイルスは、どういった感染経路を介し、スマートテレビに感染するのでしょう?

基本的には、

  • スパムメールを開く
  • 不正なWebサイトにアクセスする
  • 出元が不明なアプリのインストール

を通じて感染します。

そのため、パソコンやスマートフォンと同じように、怪しいメールやサイト、アプリには近寄らないことがおすすめです。

まぁ、要するに、

スマートテレビもインターネット接続をするのだから、パソコンやスマートフォンと同じだ

という認識を持ってくださいということですね。

また、インターネット接続をすれば感染するわけですから、スマートフォンやパソコン、スマートテレビだけでなく、ルーターやWebカメラも感染の可能性があります。

さらには、最近は『IoT』(モノのインターネット)時代が始まろうとしています。

インターネット接続できるようになる、あらゆるモノで、悪質なウイルスが開発されるおそれがあるので、

1 2 3
ページトップへ