宇野昌磨(フィギュア)の2017-2018ショート(SP)の音楽(曲)を紹介

フィギュアスケート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇野昌磨 四季 eye


宇野昌磨選手は、これまでにグランプリファイナルで3位、全日本選手権で2位となり、

日本の男子フィギュアスケート界の若手ホープ

として、注目の選手です。

もっとも男子フィギュアスケートでは、世界ナンバーワンの羽生結弦選手でも、まだ2017年で23歳。

他の競技なら完全に若手選手の部類に入りますから、宇野昌磨選手を『若手』というのもちょっと変な話なのかも。

とうぜん、宇野昌磨選手は、平昌オリンピックへの出場も視野に入れています。

2017-2018シーズンも難易度の高い技を積極的に取り入れ、また、使用曲も珍しい曲など採用して、意欲満々です。

今回は、宇野昌磨選手の2017ー2018シーズンのショートプログラム(SP)の使用曲と、その意味などを見ていきましょう!

[adsense]

宇野昌磨の2017-2018年ショートプログラム(SP)の使用曲は?

宇野昌磨選手の2017-2018シーズンショートプログラム(SP)の使用曲は、ビバルディの『四季』から『冬』です。

正式には、

ヴァイオリン協奏曲集 四季 協奏曲第4番ヘ短調RV.297 冬(L’Invern)

となります。

この曲はバロック時代の巨匠アントニオ・ヴィヴァルディの、4曲からなるヴァイオリン協奏曲集の第4曲です。

出版は1725年ですが、作曲の年代は不明です。

4曲の構成は、

  1. 協奏曲第1番ホ長調RV.269「春」(La Primavera)
  2. 協奏曲第2番ト短調RV.315「夏」(L’Estate)
  3. 協奏曲第3番ヘ長調RV.293「秋」(L’Autunno)
  4. 協奏曲第4番ヘ短調RV.297「冬」(L’Inverno)

となっています。

なお、ヴィヴァルディ自身は、これら4曲に『四季』という名称は使っていません。

1 2 3 4
ページトップへ