宇野昌磨が2017-2018シーズンのフリーで使用する音楽(曲)を紹介

フィギュアスケート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トゥーランドット eye


フィギュアスケーター宇野昌磨選手は、2017-2018シーズンの使用曲として、ショートプログラムでは、

ビバルディの『四季』から『冬』

を使用しました。

この曲は、どちらかというとのびやかで明るい感じの曲調です。

それに対して、フリースケーティングでは、

プッチーニ最後の歌劇『トゥーランドット』から、アリア『誰も寝てはならぬ』を選んだ

のです。

この曲は、ドラマティックな迫力に溢れた名曲ですが、その分、歌手には負担がかかる曲でもあります。

宇野昌磨選手は、2015-2016シーズンにもフリーで使用していますが、それをオリンピックイヤーの今シーズンに持ってきたわけです。

そこで今回は、宇野昌磨選手の2017-2018シーズンのフリースケーティングの使用曲と、その作曲者などを、調べてみました!

[adsense]

宇野昌磨の2017-2018シーズンのフリー使用曲

宇野昌磨選手の2017-2018シーズンのフリーの新プログラムは、

『トゥーランドット』

です。

ジャコモ・プッチーニ作曲の歌劇トゥーランドットの中から、『誰も寝てはならぬ』を選んだのです。

この曲は、宇野昌磨選手がシニア転向後の2015-2016シーズンにもフリーで使用しています。

また、荒川静香さんがトリノオリンピックで金メダルを獲得した時の音楽としても有名ですね。

この曲はテノールにとっては、ドラマティックな迫力と、ワグナー的な力強さを要求されるかなり難しい曲です。

もちろん、ただ聞く分には素晴らしい名曲なのですが、歌手には大変な曲ですね。

宇野昌磨選手も

シニア1年目で滑ったこの曲は僕にとってすごく思い出の曲なのと、とても好きな曲なので、今からワクワクしています。

1 2 3 4
ページトップへ