大島洋平(中日)がFAしなかった理由とは?年俸と成績を考察!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大島洋平


中日ドラゴンズの大島洋平選手は、終盤の横浜戦でデッドボールを当てられて戦線離脱。

あわや首位打者かと思われたのですが、その夢は潰えてしまいました。

その後、首位打者候補が揃って調子を落とした時期があったため、何もせずに首位打者の可能性もあったのですが…

とはいえ、首位打者争いを演じる素晴らしい選手には変わりありませんし、そんな大島洋平選手が2016年オフにFAで移籍ということにならず、本当に良かったです。

では、大島洋平選手はなぜFA宣言をしなかったのでしょう?

理由が気になりますので、当記事では、大島洋平選手のこれまでの成績や年棒とともに、中日残留理由もお話していきましょう。

[adsense]

中日ドラゴンズ・大島洋平の年棒・成績を紹介!

地元選手であり、中日ドラゴンズに欠かせない存在である大島洋平選手。

具体的に、大島洋平選手はどんな成績を残してきたのか?

まずは、大島洋平選手の成績を見ていきましょう。

大島洋平の年度別成績

2010年:104試合 .258 0本 17打点 8盗塁 OPS.638

2011年:96試合 .243 3本 18打点 8盗塁 OPS.638

2012年:144試合 .310 1本 13打点 32盗塁 OPS.744 ★盗塁王

2013年:140試合 .248 3本 27打点 19盗塁 OPS.617

2014年:141試合 .318 2本 28打点 28盗塁 OPS.735 ★186安打で1シーズンのチーム最多安打記録タイに並ぶ

2015年:142試合 .260 6本 27打点 22盗塁 OPS.657

2016年:143試合 .292 3本 27打点 26盗塁 OPS.730

2017年 119試合 .313 3本 29打点 23盗塁 OPS.752

1 2 3 4
ページトップへ