笑ってはいけない(ガキ使)2016-2017のロケ地と出演者をチェック

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松本人志

どうやら、2014年11月に、狭山市議会で廃校が決定し、2年後の2016年3月をもって廃校。

在学生は、狭山市立山王中学校に分割編入されたそうです。

かつては、この学校もマンモス校として、昭和50年ごろには、1学年14クラスまで膨れ上がりました。

しかし、少子化の影響なのか次々と統合廃止されている流れに抗えず、遂には廃校となってしまったようです。

そんなわけで、廃校されて1年経っていません。

廃校された直後からは、ドラマ『こえ恋』のロケ地としても用いられたようです。

既に廃校になっているので、セットも組みやすく、かなり自由に撮影もできたとドラマ撮影班も助かっていた模様。

また一方で、同じく廃校となってしまった

入間中学校

でも、『笑ってはいけない』2016-2017の撮影があったそうです。

『笑ってはいけない』2016-2017の出演者(キャスト)

笑ってはいけない

さて、『笑ってはいけない』2016-2017の面白さを左右すると言っても過言ではないゲスト出演者(キャスト)についてです。

今回もとびきりの隠し玉となる出演者(キャスト)が用意されていて、一部の出演者に関しては、芸能ニュースでも大きく取り上げられていました。

では、早速、タイムスケジュールに併せて、主な出演者をご紹介していきます。

科学研究所までのバス社内編

このシーンは、ガキ使メンバーを乗せたバスが科学研究所に移動するまでの間の出来事です。

3回乗降車があり、その際に乗車してくるゲスト出演者(キャスト)が、ガキ使メンバー達を笑わす刺客となって現れるシーンです。

第1陣:ルパン三世編

  • 鈴木亮平:銭形警部役
  • 若林正恭(オードリー):銭形警部の部下役
  • ココリコ・遠藤章造の身内:五右衛門、次元、峰不二子役で出演(遠藤さんの奥さんも特別参加)

基本的に、2016年2月10日放送予定のSPドラマ『銭形警部』の主演、鈴木亮平さんが番宣を兼ねて出演されているものでした。

1 2 3 4
ページトップへ