ヤングボーイズ久保裕也の成績を考察!海外の反応は高評価?

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
久保成績 eye


久保裕也選手は、日本では京都サンガFCに所属していたのですが、2013年にスイス1部リーグの強豪BSCヤングボーイズに移籍しています。

京都サンガのリーグ戦では、それほど注目される選手ではなかったのですが、スイスに移籍後、とくに3年目あたりから大ブレイク!

リオオリンピックでも久保裕也選手が期待の星となっていました。

しかし、肝心かなめのオリンピック本大会には、所属チームのヤングボーイズの反対で久保裕也選手が出場できず。

そのことは、日本で大きな話題となりましたね。

久保裕也選手は、

「本当に心から(オリンピックに)出たかった。」

と、後に語っていましたので、その無念さは察するに余りあります。

そこで今回は、ヤングボーイズが久保裕也選手本人の希望を無視してまでチームでのプレーを望んだ、ヤングボーイズでの活躍はどんなものなのか。

また、久保裕也選手の成績と海外の反応はどうなのか。

そのあたりを調べてみました。

[adsense]

久保裕也のヤングボーイズでの活躍は?

久保裕也選手のヤングボーイズでのサッカー生活は、必ずしも順調とはいえないものでした。

スイスでは、

  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • ロマンシュ語

の4ヵ国語が公用語となっており、当然ですが日本語は通用しません。

ヤングボーイズの本拠地はベルンで、ここはドイツ語が主流みたいですね。

久保裕也選手のヤングボーイズへの移籍当初は、ドイツ語を全く話せず、サッカー環境の変化と共に、普段の生活でも苦労したようです。

しかし、

現在の久保裕也選手は、取材に対してもドイツ語で応対する

など、大きな成長が見受けられ、言葉の面での苦労は少なくなったようです。

ヤングボーイズ移籍直後には、本来のスタイルであるストライカーではなく、

1 2 3 4
ページトップへ