宮間あや(なでしこジャパン)の2018年現在は?チーム退団の理由

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なお結城治男監督代行は、2016年7月25日に岡山湯郷ベルを解任されています。

結城治男監督代行の人格否定発言(真偽不明)

  • 宮間あや選手に、お前がいなければ、俺は他のベテラン組とうまくやれるのに。
  • ベテラン選手たちに向かって、お前らがいなければもっと練習がうまく行く。
  • 他の選手たちにお前たち(の技術)は中学生並みか。

スポーツ紙に、人格否定発言があったと報じられた岡山湯郷ベル。

その内容については、新聞では報じられませんでしたが、上記のような内容の人格否定があったとのこと。

@otbsy)さんの投稿

このような人格否定発言があったのであれば、

宮間あや選手をはじめとする4人の選手が退団の意思表示をしたのも頷けます。

宮間あや選手をはじめとするベテラン選手が在籍していた2014年、2014年には優勝するなど、なでしこリーグで屈指の強さを誇っていました。

しかし、2016シーズンはべテラン選手が次々と退団した影響で、13連敗という惨めな結果に終わることに…。

@smile.yai)さんの投稿

宮間あや選手の現在は引退?今は何してる?

現在宮間あや選手は、特定のチームに所属せず、今後については全く不透明な状態が続いています。

2016年6月に両膝の半月板の手術を行い、怪我の治療に月日を要するため、

他チームも宮間あや選手の獲得には慎重な様子を見せているよう。

@4046takako)さんの投稿

半月板の怪我はサッカー選手泣かせとも言われるほど、怪我の治療に時間がかかるのです。

サッカーにかける情熱が熱い宮間あや選手には、ぜひもう一度サッカー選手として活躍する姿を見せて欲しいです。

宮間あや選手の近況や移籍先は?

宮間あや選手は、岡山湯郷ベルの監督と人格否定される発言を巡ったトラブルがあり、

サッカーに対して誠実であり続けたい

引用元:岡山湯郷Belle

という言葉を残して、2016年に契約解除となりました。

その後、どのチームにも所属していないという状況が続いています。

なぜ復帰しないのでしょうか?

岡山湯郷ベル退団前に、大きな膝の怪我をしていたのでまだその怪我が治りきっていないのかもしれません。

また、それまで大きな怪我をせず現役生活を送っていた選手ですから、プレーの感覚を取り戻せないという可能性もあります。

宮間あや選手は、以前

「朝、目が覚めた時、もしその日一番やりたいことがサッカーじゃなかったら、私はその日に引退する」

引用元:『世界一のあきらめない心: なでしこジャパン栄光への軌跡』

という名言を残しています。

そのため、サッカーに対する気持ちが冷めたとはいかないまでも、以前のようモチベーションを保つことが難しくなったのかもしれません。

ですが、2017年以降は、各地で行われている『サッカー教室』に出席するなど姿を見せることも増えてきました。

中西哲生・永里優季選手とともにトレーニングをする姿が公開されるなど、完全にサッカーから気持ちが離れた訳ではなさそうです。

なでしこリーグでもアメリカリーグでも、本人がピッチへの復帰を望むのであれば、実力的にも知名度的にも移籍先はいくらでもあるでしょう。

広い視野と精度の高いキックで観客を沸かすプレーをまた見たいものですね。

宮間あや選手の年収は?

日本の女子サッカー界を牽引するなでしこジャパンの代表として1999年から2016年まで現役選手として第一線で活躍してきた宮間あや選手。

果たして彼女の年収はどのくらいと言われているのでしょうか?

一般的に、なでしこリーグに所属する選手の年俸は200万から300万くらいの間だと言われています。

@cozi_cozi_i)さんの投稿

しかし、彼女が以前在籍していた岡山湯郷ベルのGMを勤めた黒田和則は、宮間あや選手の年俸を

「1,000万円は超えている」

と発言していました。

このことから宮間あや選手の年俸は1,000万円を超えていた、と言われているようです。

さらに、彼女は2011年にワールドカップで優勝してからテレビ番組やCMでの露出が増えたため

1億円は優に超えているのではないかと推測されているのだとか…。

宮間あや選手のスポーツウーマン精神が称賛されている

宮間あや選手と言えば、後輩の面倒見が良いことや、スポーツウーマンとして相手に尊敬の念を抱く姿が称賛されています。

特に、彼女が所属するチームがフランスチームに勝った際、

敗者であるフランスチームに声をかける姿が注目され、その姿に心を動かされた人も多かったのです。

@tossy1974)さんの投稿

1 2 3 4
ページトップへ