山本昌とイチローも通うジムのトレーニング方法をチェック!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本昌

イチローも山本昌と同じジムに通っていた!

トレーニングをするイチロー

この鳥取にあるワールド・ウイングは、メジャーリーガーとして活躍しているイチロー選手も愛用しているトレーニングジムなんだそうです。

シアトル・マリナーズ時代は、室内練習場に同じ理論を用いたトレーニングマシンを設置し、日々トレーニングされていたという話がNHKの『プロフェッショナル』の流儀でも放送されています。

イチロー選手は、ワールド・ワイドのトレーニングマシンについて、

「僕を支えている。完全に僕を支えてくれるものですね」

と語っていたそうですよ。

また、日本でも、滞在先のホテルに特注のトレーニングマシンを持ち込むほど。

あのイチロー選手までもが、この理論をトレーニングに取り入れているというほどですから、いかにこのジムのトレーニングが素晴らしいのかよく分かりますね。

 

プロ野球選手以外の著名人も多数在籍するジム!

トレーニングをする夏まゆみ

夏まゆみ

ワールド・ウイングには、この他にも、中日・岩瀬仁紀投手、山井大介投手などのベテラン選手たちが利用していますし、プロ野球以外でも、あのゴルフ界のレジェンドである青木功さんも、このジムを愛用されているそうです。

そして、利用するのはアスリートだけでなく、『モーニング娘。』や『AKB48』の振り付けの先生であった夏まゆみさんも、このジムを愛用されていると自身のブログで語られています。

夏まゆみさんの場合は、病気や怪我のため、身体が上手く動かなくなるようなことが度々あったらしいのです。

そのような時にワールド・ウイングの初動負荷理論を考え、提唱した小山裕史さんと共に、リハビリトレーニングを行いながら、身体を徐々に元の動ける状態に戻してもらっているそうです。

夏まゆみさんのブログでは、小山さんのトレーニングのお陰で、再びダンサーとして現役を続けることが出来た、と感謝していることを記事にされていました。

単純に若さを保ち、怪我をしにくい身体になるためにトレーニングするだけでなく、既に怪我をしてしまった、または衰えたり弱体化してしまった筋力を再び蘇らせ、元の動ける身体に鍛え直してくれる…。

これを実現してくれるのが、山本昌さんが毎年トレーニングしていた、ワールド・ウイングというジムなのです。

まとめ

山本昌さんが、50歳まで現役生活を続けられた秘密は、室内トレーニングをするときに利用している鳥取県のワールド・ウイングというトレーニングジムにありました。

このジムには、動作を始めるときに掛かる初動負荷を利用して、柔軟で怪我をしにくい筋肉を身につけるためのトレーニング環境が揃っています。

そして、スポーツ選手だけでなく、実に多くの有名人も愛用されていることでも知られています。

また、ダンサーであり振付師の夏まゆみさんのように、病気や怪我などで身体が思うように動かせない人達のリハビリトレーニングとしても大きな効果を発揮するため、アスリートだけでなくアーティストなども利用される方が多いようですよ。

きっと山本昌さんが、これまであまり大きな怪我をすることなく現役を続けられたのは、このトレーニングに大きな秘訣があるのでしょうね。

1 2 3
ページトップへ