さとり世代の年齢や年代はいつから?11個の特徴とゆとりとの違い

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ゆとり世代ならぬ『さとり世代』という言葉が、様々な場所で囁かれているこの頃。

一体さとり世代とは、どのような世代のことを指すのでしょうか?

今回は、さとり世代の特徴や年齢・年代・ゆとり世代との違いなどを探っていきます。

さとり世代の年齢・年代はいつから何歳まで?

ある時代毎に、共通した考えを持っていることが多く、こうした人々のことを○○世代」と言いますね。

古くは戦後直後の『団塊(だんかい)の世代』が、そのきっかけではないかと思われます。

戦後直後の1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)までに、第1次ベビーブームに生まれた人々のことを『団塊世代』。

その後を『断層(だんそう)の世代』、そして『バブル世代』と続きます。

そして○○世代と言われて、真っ先に思い浮かぶのが、1987年~2004年までの年代に生まれた『ゆとり世代』だと思います。

「2時10分でとまったままの時計を見めるニート2時10分でとまったままの時計を見めるニート」のフリー写真素材を拡大

これだからゆとりは…

などと批判されることが多く、国が勝手に決めたことにより、批判の的となってしまう『ゆとり世代』。

実はそんなゆとり世代と被るように、さらにもう1つの「○○世代」という若者たちが増えるようになりました。

それこそが、『さとり世代』

さとり世代は、1990年代から登場したと言われ、2013年には流行語大賞にノミネートされました。

この『さとり世代』について簡単に説明すると、世の中について、既に悟りの境地に至っている世代となります。

年齢の割に、「既に世の中について悟ってしまっているとはすごいな」と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

インターネットの隆盛により、昔よりも、より現実を知る機会が急増してしまっているからです。

さて実際のところ、一体さとり世代とはどういう特徴の人々のことを指すのでしょうか?

次にさとり世代の特徴について、ご紹介していきます。

さとり世代の11個の特徴

1 2 3
ページトップへ