ギャル語流行語大賞2016トップ10一覧と意味を解説!面白いに隠れた裏事情

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年の流行語大賞が発表され、大賞は広島東洋カープの緒方孝市監督の長男が発した言葉、

『神ってる』が受賞しましたね。

こうして2016年の流行語大賞が決定したわけですが、実はもう1つの流行語大賞が決まっていたのを知っていましたか?

それが、『ギャル語流行語大賞2016』です。

早速、2016年のギャル語流行語大賞とトップ10を発表し、その意味も解説していこうと思います!

[adsense]

ギャル語流行語大賞とは?

ギャル語大賞,面白い

その年に流行した言葉をランク付けし、その中から大賞を決めるという流行語大賞

これまでに、ユーキャンの行っている『新語・流行語大賞』、ガジェット通信の行っている『ネット流行語大賞』などが発表されています。

ちなみに、『新語・流行語大賞2016』には『神ってる』

@h.lu_ro_rin)さんの投稿
ギャル語大賞,面白い

『ネット流行語大賞2016』には『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』が選ばれました。

@pikotaro_ppap_official)さんの投稿
ギャル語大賞,面白い

これらと、ほぼ同時期に行われるのが、『ギャル語流行語大賞』です。

『ギャル語流行語大賞』は、ガールズ向けエンタメサイトの『grp by CROOZ』が行っているイマドキ女子の間で、その1年に流行した言葉を取り上げるという企画

ギャル語の中で、流行となった言葉というだけあって、

普通の人には理解できないような単語

が多くランクインしているのが特徴です。

ただ、実はここ最近のギャル語、元がネットスラングという場合も多く、筆者は、

「またネットスラングをパクってるのか…」

と、ギャル語ではなくネットスラングと呼んでほしい言葉が、多くて呆れていました。

実際に、2015年のギャル語流行語大賞のトップ10入りした言葉には、元がネットスラングという言葉がいくつかあったので、

1 2 3 4
ページトップへ