ネイマールのプレースタイル(特徴)と評価を紹介!ドリブルが凄い!

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネイマール プレー eye


FCバルセロナには、多数の世界的な名選手がいますが、その中でも『MSN』と呼ばれる選手たちが飛び抜けた存在です。

『MSN』とは、

メッシ(M)

スアレス(S)

ネイマール(N)

の頭文字で、これを合わせると『MSN』となるのです。

この三人で取った1シーズンの得点が、なんと100点を超えたシーズンもあります。

1シーズンで100点以上も点を取るチームを相手にする

のは、実力チーム揃いのリーガエスパニョーラ(スぺイン1部リーグ)でも、さぞ大変だったろうと思いますね。

メッシ選手もスアレス選手も、当代きっての名選手ですが、ネイマール選手もその二人と並び称されるくらいの技術の持ち主なのです。

今回は、ネイマール選手のプレースタイルや評価、そしてその悪童ぶりや使用スパイクのことなどを見てみましょう!

[adsense]

ネイマールのプレースタイルとドリブルをチェック!

ネイマール選手のプレーを見ていると、

ネイマールはやはり『ドリブラー』なんだな

と、つくづく思います。

先日のリオオリンピック直前の親善試合でも、ネイマールは得点こそありませんでしたが、

日本のオリンピック代表は子供扱いされていましたね。

試合結果は、0ー2ですが、内容的にはその倍以上の差があったように思います。

もっとも、ブラジルはネイマール選手がOA枠で入っているという、ほぼ最強布陣。

一方の日本はOA枠を含め、最強にはほど遠い陣容でしたので、その違いも確かにあると思います。

ネイマール選手のプレースタイルは、ドリブルが主体ですが、そのドリブルは

あくまで個人の技術

によるもので、チームの中での協力関係によるものではない場合が多いのです。

この点は、同じFCバルセロナのメッシ選手やスアレス選手とは、だいぶ違います。

状況判断の速さや正確さ

は、世界の一流選手なら当然持ち合わせているはずの重要な能力であり、ネイマール選手もこの点ではすばらしい能力を持っています。

また、一人一人の相手選手を抜いていくのは、確かにうまいのですが、ネイマール選手は、

複数の選手に囲まれた場合は、かなり苦労

しています。

1対1での相手のかわしかたや、間合いの取り方、ボールを奪われない持ち方、そしてシュートの正確さなどは、世界でも屈指のレベルにあります。

なので、一度ネイマール選手にボールが渡ると、脅威そのものです。

ネイマール選手のドリブルは、いわゆるスピードを活かしたぶっちぎり方ではなく、

フェイントを入れながら敵陣に迫る

というタイプで、このあたりは同じチームのメッシ選手の影響もあるのかも知れませんね。

ネイマール選手は、フィジカル的には抜群の強さとはいえませんし、スピードはありますが、飛び抜けたというほどではありません。

相手の裏を取るセンスや、ボールを持っていない時の動きなどにも、やや難があります。

囲まれて、コースを切られると弱さを見せるというのは、そのあたりのことも影響しているのでしょう。

つまりは、ネイマール選手は、あくまで

個人技に頼るプレースタイル

の選手なのです。

以下に、ネイマール選手の動画を挙げましたので、参考にしてみてください。

個人技に特化しているだけに、惚れ惚れするような足技ですね。

 

ネイマールの評価をチェック!

ネイマール選手は確かに優秀な選手ではありますが、その評価は必ずしも賞賛ばかりではありません。

『サッカーの王様』ペレ氏は、ネイマール選手について、こんな評価を話しています。

ペレ氏のネイマールへの評価より

まず、第1に彼は守備で貢献していない。

決定的チャンスも作らないし、積極的にボールを前に運ぶこともない。

この全てを欠いているのに、

他の最高の選手と比較するのは無理

だろうよ。

ネイマールは確かにいい選手だが、ヘディングで何点取っているんだ?

バスコンセロスの方が10倍以上、上の存在だ!

世界最高の選手は、当然リオネル・メッシだろう。

彼はここ10年間で最高の選手だ。

それでも、ヘディングはうまくないし、右足はほとんど使わないけれどね。

クリスティアーノ・ロナウドも、メッシに次ぐ存在だ。

このペレ氏のネイマール選手への評価は、ブラジル誌の『プラカール』によるものです。

なお、バスコンセロスとは、1950年代にサントスで活躍していた、バルテル・バスコンセロス選手のことです。

他の評価でも、

  • ネイマールはバルセロナのエースになれる選手ではない
  • カカやリバウド、あるいはロナウドやロナウジーニョなどの、ブラジルの名選手と比べると、実力は明らかに下
  • ネイマールはメッシやスアレスの代わりにはなれない

などの、辛口の評価が多いのです。

もっとも、リオオリンピックの決勝は、地元のブラジルのマラカナンスタジアムで行われましたが、この試合ではネイマール選手は絶賛されています。

決勝は『ブラジルとドイツが1-1』のまま、延長戦でも決着がつかず、PK戦となりました。

5番目にPKを蹴ったドイツのペーターゼンは外してしまいますが、その後のネイマール選手は見事にPKを決めたのです。

こうしてブラジルは地元でのオリンピック優勝となりました。

この決勝では、ネイマール選手は

MOM(MAN OF THE MATCH)

に選ばれ、その評価点は7.5という非常に高いものです。

リオオリンピックの決勝での評価

10番 ネイマール 7.5

27分には直接FKを見事に決めて先制ゴール。

その後も決定的なスルーパスを何度も通すなど活躍し、PK戦では大きなプレッシャーの中で、優勝を決定する仕事をした。

コパ・アメリカ・センテナリオの出場を取り止めてまで、オリンピックに専念したネイマールは、地元ブラジルに金メダルをもたらした。

また同僚達は、ネイマール選手のことをこのように語っています。

ネイマールはとてもスペクタクルな選手だけど、それだけじゃないんだ。

ピッチ中でも外でも、とても陽気なヤツなんだよ。

それが僕らが一番好きなところだね。

彼が怒っているところは、見たことがないんだ。

いつも上機嫌なんだ

それと、ネイマール選手は時々奇妙なことをすることがあります。

スぺインでのコパ・デル・レイ(国王杯)決勝では、試合終了直前のことですが、

両足の間にボールをはさんで、前方高くはね上げ、ディフェンダーの頭上を通そうとした

のです。

さすがに、これは失敗しましたが、相手のビルバオの選手たちは

バカにしている

と怒り、全員がネイマール選手を取り囲んで非難し、ネイマール選手を守ろうとするバルセロナの選手達との小競り合いにまで発展しました。

このプレーについて、ネイマール選手は試合後にこう語っています。

ネイマール選手の言葉より

サッカーでは時々こういうことが起こるのさ。

(起こらないよW 筆者のツッコミ)

怒るのは向こうの勝手だけど、それが僕のプレースタイルだし、数年前からこうしているよ。

(数年前にはそんなプレーなど見たことないぞ!)

他人が怒るからといって、自分のプレーを変えたりはしないよ。

ネイマール選手が数年前から、こんなプレーを披露しているとは、とても信じられませんが・・・

 

『悪童』ネイマール

ネイマール選手はプレーの中でも、あるいはプレー以外の面でも、数々のトラブルを引き起こしています。

そのトラブルの中には、深刻なものもありますが、はたから見れば他愛のないとしかいいようのない、しょうもないトラブルも多いのです。

いわゆる『悪童』というタイプなのですね。

そのしょうもない(時には深刻な)『悪童』ぶりをいくつか紹介しましょう。

『悪童』ネイマール

球のあるところには愛がある?

2010年10月6日のことです。

ネイマール選手は試合後に複数の女性をホテルに連れ込み、『遊んで』いたのですが、そこを運悪くゴシップ誌に撮影されてしまいます。

ホテルの監視カメラにも、女性たちを部屋に連れ込むところが全部映っていたそうなのです。

これは言い逃れできませんね。

この件を聞いた監督は激怒、ネイマールになんらかの罰を与えることをフロントに申し入れたのです。

しかし、結局フロントはこの申し入れを拒否したとのことです。

この件については、サッカーの王様ペレ氏は、ネイマールの行動を強く批判しています。

「ネイマールはチームのためというより、サポーターに自分を見せるため、TVで注目を浴びるためにプレーしていた。

トリッキーな動きばかりみせ、パフォーマンスは精彩を欠いていた。

私はネイマールにこう言ったんだ。

今の状況になんの文句があるんだ? お前は昔私たちが1ヶ月かかってやっと稼いでいた金額を1日で稼ぐんだぞってね。」

実はこの件には後日談があります。

監督解雇!

この件のためドリヴァウ・ジュニオル監督は、チームを解雇されることになりました。

そして、後にサントスの元選手ロベルト・ブルンがこの監督の解雇について、爆弾発言をしたのです。

「本当はサントスの会長も理事も、ドリヴァウ・ジュニオル監督を首にしたくはなかったんだ。

でもしなければならなかったのは、もっと上から、そうサンパウロ政府からの命令があったからなんだ。

ドリヴァウ監督は監督として指揮をとる必要があった。

だけどそうするにはネイマールを罰する以外になかった。

けれど、それは監督にも誰にもできることではなかったんだ。」

ネイマール面

ネイマール選手は、りベルタドーレスカップのコロコロ戦でゴールを決めた後に、会場のファンに配られていた

ネイマール選手の顔写真がつけられたお面をかぶり、非紳士的行為とみなされて退場処分

となりました。

お面で退場となったのは、後にも先にもネイマール選手のみではないでしょうか。

しかしまぁ、なんともガキっぽいというか・・・

勝利のジェスチュア?

スペインのいくつかのメディアは、ネイマール選手はしばしば相手の選手を挑発するようなジェスチャーをすると伝えています。

そしてある時、退場となった選手のこのようなコメントも伝えています。

「彼はとくに自分のチームが勝っているときに、相手を小馬鹿にするような妙なジェスチュアをするくせがあるんだ。

相手DFに対しても挑発的なジェスチャーをしたりもするんだ。

負けることが好きな人間なんてだれもいないよ。

彼のジェスチャーには不快な思いにさせるんだ。」

やはり『悪童』そのものなんですな。

これらのエピソードを聞くと、ネイマール選手とは、

大人になりきれないサッカー選手

という印象が強くなりますね。

 

ネイマールが使っているスパイクは?

上の画像は、ハイパーヴェノム・リキッド・ダイヤモンド(Liquid Diamond)。

ネイマール選手の愛用スパイクは、

ナイキの『ハイパーヴェノム』

というスパイクです。

日本の選手は、愛用のスパイクのモデルをなかなか変えず、10年も同じメーカーの同じモデルをはき続けている選手が多いのです。

しかし、飽きやすい?ネイマール選手は、同じナイキの『ハイパーヴェノム』でも、毎年新しいモデルを使うことが多いようです。

しかも、通常のものではなく、

  • オーダーメイドで作った家族の名前入り
  • ブラジル国旗や背番号(10番)
  • ごひいきのバスケットボール選手である、マイケル・ジョーダンの背番号(22番)

まで入れた、特製スパイクなのです。

時には、日本語の文字まで入れたこともあります。

それが、ポルトガル語の『Ousadia』と『Alegria』を日本語に訳した、

『不敵』と『歓喜』

です。

ネイマール選手は、スパイクの色も色々と変えているようで、当初は黄色でしたが、その後はオレンジにしたり、緑色を履いていたこともありますね。

こちらは、

マーキュリアルIX

です。

さて、このナイキ ハイパーヴェノムの価格ですが、モデルによってかなりの違いがあります。

ナイキ ハイパーヴェノム ファントム ll NJR FG

37,800円

ハイパーヴェノム X プロキシモ NJR TF

20,520円

ジュニア ハイパーヴェノム X プロキシモ NJR IC

16,200円

いずれにしても、かなり高価なスパイクであることは確かです。

 

まとめ

FCバルセロナのスター選手、ネイマール選手のプレースタイルは、やはりドリブルに特徴があります。

とくに相手をかわていくネイマール選手のプレーには独特のリズムがあり、観客を魅了しますね。

その一方、あまりにもネイマール選手が個人技に走り過ぎるので、

(ネイマールは)for the teamの動きが少ない

という批判も見られるようです。

その点が、ネイマール選手に対するペレ氏の辛口の評価に繋がっているのでしょう。

確かにボールを持っていない時のネイマール選手の動きなどを見ると、

「批判があたっているな」

と思うこともしばしばあります。

ただ、ネイマール選手は、まだ弱冠25歳という若さです。

この先、円熟し、他人の言葉にも耳を傾けるようになれば、その点も改善されていくのではないでしょうか。

もっとも、ネイマール選手の場合、年齢を重ねて他人の言葉に耳を傾けるようになるかは、保障の限りではありませんが・・・

[st-card id=39625]

[st-card id=39456]

ページトップへ