クラブワールドカップ2017の日程とテレビ放送予定!賞金はいくら?

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリスティアーノロナウド

そういった経緯もあって、苦境を突きつけられたクラブ世界選手権は、このトヨタカップに吸収されてしまいました。

そして、2005年にFIFAクラブワールドカップとして開催され、2007年には現行のシステムでの開催となり今に至っています。

ちなみに、冒頭でもお話ししたように現行のシステムは、6大陸王者+開催国枠の7チームによるトーナメント方式が採用。

また、トーナメントの組み合わせは、欧州・南米が準決勝から、オセアニア・開催国枠が1回戦から、その他が準々決勝から出場となる形に…

この少し不平等感が残る組み合わせとなっているのも、欧州のクラブチームの反発があったことも影響しているようです。

とくに欧州はまだリーグ開催中の12月に、遠い日本(当時は日本開催だったため)に来て何試合も戦うのはあまりにも酷と考えたようです。

たしかに、時差ボケを含め体調不良も起こりやすく、万全で戦うことができないのは圧倒的不利。

そのため、欧州の主要14クラブで組織化されたG14は猛反発!

大会へのボイコットも示唆されてしまったため、折衷案として今の方式が提示されたわけ。

G14も、この折衷案に渋々了承し、大会は無事開催されました。

このように茨の道をたどりながら、FIFAクラブワールドカップは毎年12月に開催されているのです。

さて、ここからは、6大陸王者をどのように決めているかについても、軽く触れておきましょう。

6大陸王者とはまさにその名の通りで、それぞれの大陸が主催しているサッカー連盟による、チャンピオンズリーグの優勝チームと位置づけられています。

例えば、アジア王者枠として、先日主催されたAFCアジア・チャンピオンズリーグのチャンピオンである浦和レッズが出場します。

1 2 3 4
ページトップへ