大晦日の年末ボクシング2017!試合一覧や対戦カードをチェック!

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボクシンググローブ

あくまでここからは筆者の推測でお話ししますが、おそらく試合の順番としては、

・WBA・IBF世界ライトフライ級王座統一戦(田口良一vsミラン・メリンド)
・IBF世界ミニマム級タイトルマッチ(京口紘人vsカルロス・ブイトラゴ)
・WBO世界フライ級タイトルマッチ(木村翔vs五十嵐俊幸)

の順で行われるものと思われます。

とにかく田口選手・京口選手の防衛戦をメインに放送し、最後に日本人同士によるタイトルマッチが行われていく…

今考えただけでもすごいプログラムに武者震いしてしまいます。

ただ、間を挟むことなくテンポよく試合を行うかどうかはまた別の話。

TBS・KYOKUGENでは、浅田真央さんが、ミリオン歌手とともに出演されるということも決定しています。

また、どのタイミングで中継されるか分かりませんが、魔裟斗さんvs小比類巻貴之選手のスペシャルマッチも放送されるそうです。

まだ、全ての出演者が公表されているわけではありませんが、間違いなく最高のパフォーマンスを見せてくれる番組となるはず。

そのことを考えると、どのタイミングでトリプル世界戦が中継されるのかはっきりしておりませんが、全体を通して番組を見る価値は十分あります。

そして、18:00から放送されるKYOKUGEN2017を通じて、トリプル世界戦に出る日本人選手たちの活躍を、ぜひ観てください。

ちなみに、12月30日の井上尚弥選手・拳四朗選手の試合は、フジテレビ系列にてダブル世界戦として放送されるそうです。

近年は、日本人の世界王者が乱立されていると問題視する声も、一部で挙がっていますよね。

確かに、世界チャンピオンが何人も同時に出てくるという姿に、少し違和感を覚える気持ちは分かります。

だいたい、日本人同士が戦うのに世界タイトルマッチって、

「他の国は何をしてるんだ?」

と、言いたくなっているボクシングファンもいるかもしれませんよね。

ただ、日本人王者が増えたからこそ、近年の年末(12月30日・31日)に、ボクシング世界タイトルマッチを、数多く見ることができます。

そして、日本人同士の世界タイトル戦だったり、初防衛戦だったり、さまざまなシチュエーションで、日本人王者たちの戦いを楽しむことができる…

その喜びをかみ締めながら、12月30日・31日の、世界タイトル戦を見て楽しみましょう。

 

まとめ

2017年も、日本人の世界チャンピオン達がリングで王座を死守するための戦い「トリプル世界戦」が行われます。

この模様は、大晦日に放送するKYOKUGEN2017の中で放送され、今年も、多くのボクシングファンを魅了する素晴らしい戦いになると大注目。

近距離・長距離と間合いに関係なくオールラウンドに強い田口選手、フィニッシュブローを持つ京口選手、打ち合いを得意とする木村選手…

以上3選手がタイトル防衛をかけて戦います。

果たして彼らは王座を死守できるのか、また木村選手の対戦相手は五十嵐選手だけに、日本人対決にも注目して試合の行く末を見届けたいものですね。

[st-card id=41076]

[st-card id=41141]

[st-card id=41186]

1 2 3 4
ページトップへ