ロナウドポーズ(ゴールパフォーマンス)の意味を解説!やり方は?

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロナウド

レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド選手は、色々と変わったポーズ(ゴールパフォーマンス)を見せることでも有名です。

クリスティアーノ・ロナウド選手が魅せるポーズ(ゴールパフォーマンス)は、何種類もありますが、その中でもっとも有名なものは、

仁王立ちになって両手を大きく広げる

あのポーズです。

先日のクラブワールドカップでも、鹿島アントラーズの鈴木優磨選手が魅せてくれましたね。

ただ、あの鈴木優磨選手のゴールパフォーマンスは、実はファンにはあまり評判は良くなかったようですよ。

であるなら、クラブワールドカップの決勝戦で、クリスティアーノ・ロナウド選手は元祖・本家・家元のゴールパフォーマンスを魅せてくれるのでしょうか。

今回は、ロナウド選手にゴールパフォーマンスのポーズをチェックしてみました!

[adsense]

ロナウドポーズ(パフォーマンス)をチェック!

さて、クリスティアーノ・ロナウド選手(ポルトガルの)は、お茶目な性格のようで、これまでにポーズ(ゴールパフォーマンス)もずいぶん色々やっています。

ロナウドポーズで代表的なものは、先日のクラブワールドカップ準決勝で、鈴木優磨選手が披露した、大きく両手を広げるポーズです。

上のロナウドの画像と鈴木選手の画像を見比べてみてください。

この時に、鈴木選手がやったロナウドポーズ(ゴールパフォーマンス)は、冒頭でもお伝えしましたが、はっきりいって

あまり評判はよくない

ようです。

まるで似ていねえ

だせえよ!

もう少し練習した方が良さそうですね

とネットの評判を見ても散々でした(笑)

もっとも、本家本元のロナウドポーズ(ゴールパフォーマンス)も、現地では

「いまいちカッコよくないねえ!」

1 2 3
ページトップへ