総合視聴率の意味と違いを解説!視聴率とCM広告料金の関係性とは

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30%

を突破!

『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第7話も総合視聴率が30%を超えていたということで、純粋な人気を計るという意味では、今回発表された総合視聴率は大いに役立っていると言えるのではないでしょうか。

 

録画率が重視されないのは何故?

さて、純粋な人気を計るという意味では、録画率も含めて計算した総合視聴率こそ、完全なる視聴率だと思うでしょう。

しかし、テレビ業界としては、実は総合視聴率に対しては、微妙な反応なのだそうです。

とくに、

スポンサー企業が録画率を含めることにあまり意義を感じていない

そうで…。

では、なぜテレビのスポンサー企業は総合視聴率を嫌い、警戒しているのでしょう?

調べてみると、視聴率は人気の度合いを示すというよりも、もっとビジネス的な意味合いを持っているからという理由が判明しました。

そのビジネス的な意味合いというのが、CM(広告)料金の決定です。

実は、テレビ局側へ支払うCM(広告)料金は、そのテレビ番組の視聴率が単価になっているらしく、

視聴率1%に対して単価○○円

となっていることが多いのだとか。

また、契約の際には、

視聴率○○%分の回数CMを流す

というノルマ…ではありませんが、視聴率縛りの契約を交わすことがあるそうです。

たとえば、あるCMを

「視聴率300%分流します」

という契約をした場合、視聴率10%の番組だと、契約期間内にそのCMを流す回数が30回になるわけですね。

逆に、視聴率が30%の番組だった場合、流す回数が10回に減るわけです。

こうしたCMの広告料の仕組みが原因で、スポンサー企業が総合視聴率、とくに録画率に対して不満・警戒の念を抱いているのだとか。

何故かというと、総合視聴率をもとに計算をしようとすると、テレビ局としては録画率を含めることで総合視聴率は一気に上昇、それでCM(広告)単価も上がり、大儲けできますよね。

スポンサー企業としては、録画まで含められてしまっては、CM(広告)を飛ばす人や、CMスキップという機能がプレイヤーに搭載されるようになったせいで、テレビを録画した人が本当にCM(広告)を見ているかが怪しく、

「CMを見られてないのに単価を上げるとはどういうことだ!」

と、スポンサー企業として、総合視聴率で負担が増えることを納得はしないでしょう。

総合視聴率を重視してしまうと、儲けたいテレビ局側の思惑と、負担が増えるだけで利益が得られないスポンサー企業との間で溝が広がってしまうため、テレビ業界は慎重になっているのです。

まぁ、筆者としては、録画だろうとリアルタイムだろうと、CMになると他のことに意識がいくので、どうでもいい話ではあるのですが…。

 

まとめ

ビデオリサーチが録画率も含めた総合視聴率を発表することになり、ネット上では、

「これで純粋な人気率がわかる!」

と絶賛されています。

しかし、一方でテレビ業界、特にスポンサー企業の間では総合視聴率、特に録画率を含める必要性に疑問が生じています。

その背景には、視聴率がCM(広告)料金を設定する指標になっていることから、

「録画率はCM(広告)料金の指標にはならない」

という危機感を抱いているところもあるのだとか…。

しかし、テレビ局側としては、CM料金の引き上げなどを行わなくても、総合視聴率が高いことで、ニーズに合った海外への番組販売やDVD化などを積極的に行えるという利点があります。

テレビ局側としては、スポンサーCM(広告)料金以外での収益への活用法が広まりそうなので、筆者としては、決して悪い話ではないと思っているところです。

1 2 3
ページトップへ