ロナウドへの評価と進化するプレースタイル!年収(年俸)をチェック

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロナウド

1995-1997 CDナシオナル

1997-2002 スポルティングCP

クリスティアーノ・ロナウドのクラブ歴

2002-2003 スポルティングCP

2003-2009 マンチェスター・ユナイテッド

2009- レアル・マドリード

クリスティアーノ・ロナウドの代表歴

2001-2002 ポルトガルU-17代表

2002-2003 ポルトガルU-20代表

2003 ポルトガルU-21代表

2004 ポルトガルU-23代表

2003- ポルトガル代表

クリスティアーノ・ロナウド選手は、メッシ選手と並んで『現世界最高のサッカー選手』という高い評価が非常に多いです。

クリスティアーノ・ロナウドが『世界最高の選手』の評価の理由

所属した3チーム全てでリーグ戦やカップ戦で優勝

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で3回優勝

レアル・マドリードの通算最多得点記録

プレミアリーグのシーズン最多得点記録

UEFAチャンピオンズリーグの通算最多得点記録

UEFAチャンピオンズリーグでのシーズン最多得点記録

など、ロナウド選手が持つ数々の記録からも裏付けられています。

ロナウド選手の未だ経験していない記録は、ワールドカップでの優勝くらいでしょう。

なお、実はクリスティアーノ・ロナウド選手は、二人います。

ドッペルゲンガーではありませんよ。

本記事で紹介している

ポルトガル出身のロナウド

ブラジル出身のロナウド

の二人。

ブラジル・リオデジャネイロ出身のロナウド選手は、1976年9月22日の生まれ。

インテル・ACミラン・バルセロナなどに所属していましたが、紛らわしいことに

レアル・マドリードにも所属

したことがあるのです。

名前が同じで、所属クラブまで同じでは、間違えてしまっても仕方ないでしょう。

おまけに、二人ともポーカーが好きという共通点まであります。

ブラジルのロナウド選手は、2011年で現役を引退しており、本名は、

ロナウド・ルイス・ナザーリオ・デ・リマ

彼のニックネームは、フェノーメノ(怪物)。

ブラジル代表としては、

98試合で62得点

という、驚異的な成績を残しています。

一試合当たりで0.5前後の得点率なら、超一流選手という評価です。

一試合当たり0.6以上の得点率は、まさに怪物そのものですね。

これに対して、本記事で紹介しているクリスティアーノ・ロナウド選手も、負けてはいません。

レアル・マドリードでの成績は、

236試合で260点

と一試合あたりの得点数が1を上回る異常ぶりです。

30歳を過ぎれば、サッカー選手としての峠は越えているのが常識ですが、その常識はクリスティアーノ・ロナウド選手には通用しません。

対エスパニョール戦では、1試合5得点という大暴れぶり。

これがピークを過ぎた30歳過ぎの選手とは思えないような動きでした。

この5得点で、ロナウド選手は、これまでラウール選手が持っていた、レアル・マドリードでのリーガ最多得点記録228点を上回り、新記録を作ったのです。

しかも、その記録に要した試合数は、ラウール選手よりも347試合も少ないという、とてつもない記録でした。

 

『カカの選ぶベストイレブン』という記事があります。

カカは元ブラジル代表選手で、数々の名プレーで知られる名選手。

そのカカが選ぶ歴代ベストイレブンを紹介しましょう。

カカの選ぶベストイレブン

ゴールキーパー

ジーダ

ディフェンダー

ロベルト・カルロス

アレッサンドロ・ネスタ

カフー

パオロ・マルディーニ

ミッドフィルダー

ジネディーヌ・ジダン

アンドレア・ピルロ

アンドレス・イニエスタ

フォワード

クリスティアーノ・ロナウド
(ポルトガルのロナウド)

ロナウド
(こちらはブラジルのロナウド)

ロナウジーニョ
(これもロナウドです)

いずれもおなじみの選手ばかりで、ジダンとかピルロとかロベカルとか、懐かしい名前が並んでいますね。

さらには、FWにロナウド選手が三人もいて紛らわしいところです。

まぁカカに限らず、『歴代のベストイレブン』というと、ロナウド選手(ブラジル・ポルトガル共に)は、ほとんどの場合で入っているほどですね。

 

ロナウドの年収・年俸とその推移をチェック!

それでは、ロナウド選手の年収や年俸と、その推移はどうなっているのでしょうか?

2015年のデータになりますが、ロナウド選手自身が財務記録を公開しています。

それによりますと、2015年には

2億2,500万ユーロ(約270億円)

以上の年収を申告していたのです。

1 2 3 4
ページトップへ