電通の残業時間と年収・給料をチェック!ブラック企業の真相は?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年の栄えある『ブラック企業大賞』に、

株式会社電通

が選ばれました。

2016年12月23日のことです。

電通の受賞の理由は、

長時間の残業による過労にたえかねて、一昨年自ら命を絶った、高橋まつりさんの事件

が主な理由です。

また、『鬼十則』も理由の一つに挙げられています。

奇しくも、電通の『ブラック企業大賞』受賞決定の12月23日は、まつりさんの命日である25日と2日しか違いません。

これまで電通という会社は、広告代理店業最大手であり、日本でも有数の売上げと収益を誇る優良企業とされていました。

しかし、一昨年の事件以来、ブラック企業という認識が高まり、風当たりも強くなっています。

今回は、はたして電通は本当にブラック企業なのか?

電通の残業時間や給料、年収などを紹介していきます。

[adsense]

電通の給料・年収はいくら?

それでは、電通が本当にブラック企業なのかを見る前に、電通の給料・年収を見てみましょう。

電通の給料・年収

年収の例(少し前)

30歳 年収1,200万円(ベース年収600万+残業代600万)

年収の例(最近)

初任給(月額) 24万円 120位

※この初任給には、残業手当などは入っていません。

残業手当その他を含めた、初年度の年収は、実際には500万円から600万円程度にはなるようです。

  • 30歳時の推定年収 1,023万円 7位
  • 40歳時の推定年収 1,284万円 11位

このクラスでは、個人評価や能力により大きく差がでるようです。

業績がトップクラスの場合は、2,000万円近くの場合もあるようです。

平均年収 1,191万円(平均39.1歳) 20位

電通がブラック企業かどうかはともかくとして、給料・年収面では、相当な高水準ですね。

1 2 3 4
ページトップへ