境界のRINNEのアニメキャラクターと声優紹介!あの犬夜叉コンビも

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
境界のRINNE

一応、40代に見えますが、魂子はなんと、

実年齢100歳以上

という恐るべき人物?です。

人物?としたのは、りんねの祖母であり、人間ではなく死神だからです。

過去には九尾の狐を退治したりするなど、最も優秀な死神である『名誉死神』の一人として数えられる実力者。

そんな魂子を演じるのは、あのゆきのさつき(改名前:雪野五月)さんです。

ゆきのさつきさんは、同じく高橋留美子作品である『めぞん一刻』を見て、声優という職業に憧れを抱いたそうです。

そして、ゆきのさつきさんの出世作となったのは、憧れの高橋留美子先生の『犬夜叉』ヒロインの日暮かごめ役。

代表作は、『ラブひな』の乙姫むつみ、『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』の003、『ひぐらしのなく頃に』の園崎魅音・詩音など多数。

六道鯖人(CV:山口勝平)

山口勝平と六道鯖人

山口勝平(左)と六道鯖人(右)

魂子の息子にして、りんねの実父。

彼は、堕魔死神カンパニー社長を務めています。

真面目に労働することが嫌いで、

だらしなさの頂点を極めている

どうしようもない性格をしています。

人間と死神のハーフのため、浄霊能力は低いのですが、戦闘能力は異常に高いため、ジムライセンスでゴールドを取得しています。

そんな鯖人を演じるのは、山口勝平さん。

山口勝平さんといえば、どうしても素の姿である下ネタ大好き人間な一面が印象に残ってしまいますが、声優としての実力は大御所クラスです。

『魔女の宅急便』のトンボ役、『ワンピース』のウソップ役、『名探偵コナン』の工藤新一役など、超有名作品の主演を数多く務めています。

さらに実は、山口勝平さんは、平成元年に演じた『らんま1/2』の主人公・早乙女乱馬が初主演という、ゆきのさつきさん同様に高橋留美子作品と、とくに縁があります。

アニメ『犬夜叉』でも主人公の犬夜叉を務めていますが、これは原作者である高橋留美子先生の推薦によるものだったそうですよ。

ゆきのさつきさん、山口勝平さんは、『犬夜叉』コンビというだけでなく、高橋留美子先生贔屓の二人と言えそうですね。

 

まとめ

アニメ『境界のRINNE』のメインキャラクターの声優をご紹介しました。

とくに、山口勝平さん、ゆきのさつきさんの出演については、高橋留美子ファンからすると、たまらないキャスティングではないでしょうか?

両者ともに高橋留美子作品と、とても縁のある声優ですし、やはりというべきか、『境界のRINNE』でも重要な役で起用されています。

実は、原作のある作品がアニメ化される場合、作家の意向でキャスティングの一部が決まることもあるそうで、

「○○さんの作品がアニメ化すると、大体この声優がいるよな…」

と思うことが、珍しくありません。

『境界のRINNE』のように作家お気に入りの声優を探してみるというのも、アニメの1つの楽しみ方だと思いますよ!

1 2 3
ページトップへ