境界のRINNEの漫画原作者は高橋留美子!ストーリーあらすじ紹介

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
境界のRINNEロゴ

桜・りんね、二人のルーツなどが明かされていくことに…

そして、

学校の使わない百葉箱にお賽銭とお供えと依頼を入れておくと、その依頼を叶えてくれる

という伝説が学校中に流れ、彷徨える魂を成仏させるための仕事を請け負うようになっていくのですが…

以上が『境界のRINNE』のストーリーあらすじです。

先程もお話しましたが、霊界を通じた学園ストーリーです。

成仏しきれない魂を輪廻の輪に乗せて成仏させる仕事を高校生がするという漫画作品。

さらに具体的な『境界のRINNE』のストーリーが気になる方は、ぜひ単行本コミックスなどで一読してみてください。

 

まとめ

『境界のRINNE』は、霊界・霊魂を一つのテーマとした題材の漫画・アニメ作品です。

そして、高橋留美子先生得意のドタバタコメディ作品であることがよく分かります。

グータラでどうしようもないりんねの父が、りんねたちを振り回してみたり、一方で、りんねと桜の恋の行方も気になります。

実際に『境界のRINNE』を見ていくと、『らんま1/2』や『犬夜叉』を彷彿するような側面もあり、実にコミカルで楽しい作品です。

現在放送中の第2期シリーズはもちろん、この2017年の春放送予定の第3期シリーズの放送も楽しみにしたいものです。

境界のRINNEの記事はコチラもよく読まれています!

境界のRINNEのアニメキャラクターと声優紹介!あの犬夜叉コンビも

1 2 3
ページトップへ