ホワイトデーのお返しが3倍返しの由来!女性の期待金額はいくら?

ホワイトデー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホワイトデー

さて、先ほどのアンケート結果だけを見ると、

「やっぱり3倍返しにしないといけないのか?」

と思う男性が多いかもしれません。

しかし、これはあくまでも、

女性が考えている「このくらいしてくれたら嬉しいな」と思う理想の金額

というだけです。

実際のところは、違うみたいですね。

どのアンケートを調べていても、お返しの金額として女性が考えているのは、

バレンタインのチョコレートと同額程度

という声が、約半数でした。

義理・本命にかかわらず、こういった結果が見られたので、とくに金額にこだわらない意見が多いと言えそうですね。

この結果には、男性もホッとしたのではないでしょうか?

実際、世の中の男性がお返しにあげた金額というのも、

貰ったものと同額程度にした

という人が多かったようです。

まぁかつての高度経済成長期とは違い、そうそう奮発できる経済的余裕は現在の男性にはないのかもしれませんね。

さらに言えば、女性も同じ境遇でデフレ期を生きてきたわけですから、

「そんな高いものは用意できないし、相手も難しいだろう」

と、現状をよく理解しているのだと思いますよ。

ということで、結論としては、ホワイトデーのお返しの金額については、

3倍以上のお返しだと嬉しいも

けど実際は金額にはこだわらない

というのが、義理・本命かかわらず、相場としての現状のようです。

ちなみに、義理チョコの場合は、

「お返しはいらない」

という人も多いそうです。

この結果を見ると、少し安心してきますよね。

男性にとっては悪しき風習と言うべき、ホワイトデーの3倍返し。

かつての時代を反映したものなので、今はないに等しい

と考えていいと思いますよ。

 

まとめ

ホワイトデーのお返しの習慣としてよく言われる『3倍返し』とは、バブル期の名残でした。

つまり、経済が豊かであった頃の話であり、経済が停滞している現代に適用されるものではないと思います。

現在の世の中では、ほぼ同額のお返しが多く、ホワイトデーで用意する予算は、贈られたプレゼントと同じ程度で大丈夫でしょう。

ちなみに、ホワイトデーのお返しとしてオススメなのは、

期間限定

のアイテムです。

ある時期でしか手に入らない限定のものは、金額以上に相手が喜んでくれるプレゼントだと思いますよ。

1 2 3
ページトップへ