いだてん(大河ドラマ)の原作は?ストーリーと出演者キャストを考察

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年の東京オリンピックが決まり、日本各地で盛り上がりを見せています。

しかし、まさか大河ドラマまで、その影響を受けることになるとは…

なんと2019年の大河ドラマが、

1964年の東京オリンピックまでの波乱に満ちた先駆者達の物語をテーマに描いた作品

と発表され、世間を賑わせています。

その大河ドラマのタイトルは、

『いだてん~東京オリムピック噺~』

まだ、2018年の大河ドラマ『西郷どん』ですら、詳細が明らかにされていないので、なんとも気の早い話ですが、一足早く、『いだてん』の、概要・ストーリー、キャストを紹介していきましょう!

[adsense]

いだてん(大河ドラマ)の原作やドラマの概要

これまで戦国・幕末時代の人物にスポットを当てて歴史をなぞりながら、面白くドラマ仕立てで描き続けてきたNHK大河ドラマ。

2020年の東京オリンピックを意識したのか、2019年の大河ドラマのテーマは、

史上初!!明治~昭和にかけての人物

にスポットが当てられるそうです。

それも、明治維新の頃ではなく、大正へと差し掛かるところからスタート(多少年代的に前後するかもしれませんが…)です。

さらに、東京オリンピックが舞台とあって、これまでとは全く装いが変わる大河ドラマとなる模様…

装いが新たになる意味では、一つのチャレンジとしてやってみる価値があるのかもしれません。

それは、これまでの大河ドラマを見ると、戦国時代を外れ、さらに女性主人公のドラマは、ここ10年で、すべて視聴率が悪いです。

2013年の『八重の桜』(綾瀬はるかさん主演)は、ワースト6位の14.6%。

そして、2015年の『花燃ゆ』(井上真央さん主演)は、ワースト1位タイの12.0%!

1 2 3 4
ページトップへ