花粉症用の市販目薬と病院の処方箋の違いは?副作用もチェック!

花粉症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症の男性


花粉症は、今では非常に多くの人が、かかるようになったそうですね。

とくにスギ花粉については、

4人に1人

の人がかかってしまっているらしく、もはやインフルエンザなどと同じレベル。

国民的な病気と同じカテゴリに入ってしまうかもしれません。

花粉症の症状には、個人差がありますし、実際に医師に診てもらっている方、市販の薬を服用し、自身で対策をされている方など様々。

花粉症シーズンが近づくと、ドラッグストアに多くの花粉症患者が押し寄せ、目薬や点鼻薬などを買い求める姿をよく見かけます。

これだけで花粉症患者の多さを改めて実感させられますね。

ところで、花粉症用の目薬が、近年よくドラッグストアで販売されていますが、実際のところ、どれくらいの効果が期待されるものなのでしょうか?

目薬と言っても、その効果は様々ですし、メーカーによる特色も違います。

そこで本記事では、市販されている花粉症用の目薬の効果を探っていきます!

[adsense]

ドラッグストアなどで市販されている花粉症の目薬

ドラッグストア

今では非常に多くの人たちが、かかっている花粉症。

花粉症は非常に厄介な症状で、ひどい場合は日常生活に支障が出るほどです。

一度、花粉症にかかったことのある方ならわかると思いますが、

鼻水は詰まるか、止まらなくなるかで夜は寝られなくなり、目がしょぼしょぼして痒くなるなど、目と鼻に集中的に発症します。

また、体がだるくなったりして、熱っぽく感じ、

「風邪引いたかな…」

と、風邪と勘違いすることも…。

そんな厄介な花粉症だからこそ、花粉症シーズンには、ドラッグストアの花粉症用の薬を求めて、多くの花粉症患者達たちが来店されるのでしょう。

筆者は年中、花粉症にかかってしまっているため、非常につらい症状を抱えています。

1 2 3 4
ページトップへ