古市憲寿(社会学者)がワイドナショーで長嶋一茂と喧嘩寸前の失言!

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古市憲寿

と、煽っているようにすら見られる問いかけをしたのです。

長嶋一茂さんといえば、あの長嶋茂雄さんの息子です。

出場試合は通算で384試合、生涯打率はたったの.210という、全く振るわない成績で現役生活を終えてしまいました。

ただ、だからといって、長嶋一茂さんからしてみれば、

「こいつ喧嘩売っているのか?」

と不信感露わにしてもおかしくない発言ですよね。

きっと古市憲寿さんに罪の意識はないと思いますが、本当に人の気持ちを全く考えない、最低な発言です。

さすがにこの発言に長嶋一茂さんは激怒してしまったのか、

「期待を裏切っちゃいけねえのか、おい!」

と叫ぶも、古市憲寿さんはさらに生涯打率について

「それは、どのぐらいダメなんですか?」

と煽り、長嶋一茂さんが

「じゃあお前、やってみろよ」

と一触即発の雰囲気に…。

最終的に、松本人志さんが上手くまとめて事なきを得ましたが…。

その後も、電車の中でのベビーカーでの話題で意見がぶつかったり、古市憲寿さんの誕生日パーティーの話題でも言い合いが発生するなど、終始、古市憲寿さんと長嶋一茂さんはピリピリした雰囲気を出していました。

これには、話をうまくまとめた松本人志さんも思わず、

「ギスギスしてるなあ」

と漏らすなど、かなり空気としてはよくなかったのは、言わずもがなです。

まぁ、演出という可能性もありますが、どうにも本気で怒っていると思われる場面もあったので、間違いなく古市憲寿さんと長嶋一茂さんの間に、交友関係は広がらないでしょう。

実際、この回のネット上での感想では、

「人を腹立たせることを平気で言う」

「社会性が欠如した社会学者」

「ただただ不愉快だわ」

と批判が続出。

確かに、筆者としても、古市憲寿さんに対しては、

「人間として必要な何かが欠落したまま生きてきてしまったんだな、かわいそうな人」

と、古市憲寿さんを哀れに思いました。

彼の人生には、一体何があったのでしょうね…。

 

まとめ

古市憲寿さんの『ワイドナショー』での言動は、

「本当に社会学者なのか?」

と思いたくなるほど、非常識な言動のオンパレードで、周囲もヒヤヒヤものですよね。

長嶋一茂さんを激怒させた回でも、無意識に煽り発言をするなど、他人に対する思いやりが欠如していて、人間というよりは、機械か何かではないと思うほど…。

もはや、心のない人間という印象を感じさせられました。

ネット上でも批判の声が多いにもかかわらず、古市憲寿さんは今でもテレビに出演を続けているのですから、テレビ業界は何を考えているのかよくわかりません。

あれだけの発言をされては、長嶋一茂さんが激怒するのも仕方ないでしょう。

[st-card id=4878]

1 2 3 4
ページトップへ