卒業式の母親の服装(ファッション)と髪型(ヘアスタイル)をチェック

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
卒業


しかし近年は、美容室で着付けをお願いできるところも増えてきています。

行きつけの美容室などで確認してみれば、意外と快く引き受けてくれるかもしれませんよ。

また一方で、

『和装は目立ちすぎる!』

と不安に思う母親も少なくありませんが、奇抜な着物を選ばなければ、極端に目立つということはありません。

卒業式に、パープル、ピンク、ベージュなどを基調とした

薄くて淡い色味の着物

で出席する方も結構います。

着物そのものが、日本古来の衣装であることもあって、逆に落ち着いて見えると好評とか…

和装は、冠婚葬祭などでも正装として用いられます。

卒業式で着物を着こなして出席すれば、きっと他の母親と差を付けることができるでしょう。

 

ただし、着物であればなんでもOKではありません。

当然、あまりに格式高い着物を着ていってドヤ顔していくのはNGです。

卒業していく子供以上に目立ち、周囲からドン引きされてしまいかねません。

あくまで卒業式に着ていくのは、

『訪問着・附下』

『背紋が入っている色無地・江戸小紋』

がベストです。

帯は袋帯で二重太鼓が礼装として正式です。

ちょっと派手目の小紋の場合は、羽織を一枚羽織って行かれた方が良いかと思います。

羽織

古い世代の人たちなら『必ず持っている』と言われている羽織。

一枚羽織るだけで落ち着いた雰囲気になり、とてもおすすめです。

着物は、紐をたくさん使い、さらに帯を結ぶ様子から、

『きつい』

『苦しい』

と思われがちです。

しかし最近の着付けでは、使う紐も最小限になっています。

丸1日着ていても苦しくないように着付けてくれるでしょう。

ただし、子供によっては、母親が和装で卒業式に来られると『恥ずかしい!』と思う子供もいます。

着物で出席する際は、卒業式の主役である子供にも相談した上で決めてくださいね。

 

卒業式の母親の髪型(ヘアスタイル)をチェック!

母親が服装(ファッション)の次に悩めるのは髪型(ヘアスタイル)ですよね。

当然ですが、ショート、ミディアム、セミロング、ロングと、母親の髪の毛の長さで、ヘアスタイルも変わっていきます。

やはり髪が長くなるほど、編み込みなどのヘアアレンジを使わないとおしゃれに決めることができません。

もちろん、卒業する子供以上に目立たないことが大前提です。

それだけに、どこまでヘアアレンジすれば良いのか悩む母親も、きっと多いと思います。

そこで髪型(ヘアスタイル)別に簡単にどのようなアレンジをすれば良いのか紹介していきましょう。

ショートの髪型(ヘアスタイル)

ショートの方は、少し内巻きに髪を巻いてみると良いでしょう。

それもヘアアイロンか、ホットカーラーを使えば簡単にできるので、あまり難しく考えなくていいですよ。

変に考えすぎて無造作ヘアなど、おしゃれすぎるのは問題です。

あくまで主役は卒業していく子供です。

母親は質素に少しおしゃれに決める程度が無難です。

ミディアムの髪型(ヘアスタイル)

ミディアムの場合は、若干ヘアアレンジの幅が広がっていくとは思いますが、あまり難しく考える必要はありません。

  1. サイドの髪の毛を左右それぞれ二つほど毛束を作る。
  2. ねじりながら耳のところまで編み込む。
  3. 目立たない色味のヘアピンで髪を留める。

といった髪型(ヘアスタイル)が、アレンジとしておすすめです。

ちょっと手間はかかりますが、決して難しくありません。

十分に試してみる価値はあるといえるでしょう。

セミロング・ロングの髪型(ヘアスタイル)

ヘアスタイルセミロング、ロングといった髪の長さの母親の場合は、ヘアアレンジの仕方によって、大きく見た目の印象を変えることができます。

それだけに、どのような髪型(ヘアスタイル)にするべきか悩みどころ…

ここでは、おすすめしたい2パターンの髪型(ヘアスタイル)を紹介します。

まず一つ目が、

夜会巻

に髪をアップにする方法。

こちらは、着物で卒業式に出席される母親におすすめの髪型(ヘアスタイル)です。

最近では、CAさんの髪型(ヘアスタイル)の代名詞かもしれませんね。

もう一つの髪型(ヘアスタイル)は、

ハーフアップスタイル

こちらは、ポニーテールに近い感覚で捉えれば分かりやすいのかもしれません。

耳から上のサイドの髪を後頭部で一つに括りまとめ、後ろに持っていきます。

これを後頭部の髪となじませ、おしゃれに魅せられるという髪型(ヘアスタイル)となっています。

また、さらにアレンジを利かせて、ゆるふわスタイルにしてみたり、編み込みを加えて落ち着きながらも、おしゃれを演出してみたり。

色々とヘアアレンジが可能なので、洋装で卒業式に出席する母親におすすめです。

 

以上が、卒業式の母親の髪型(ヘアスタイル)のおすすめです。

基本的には、リボンやカチューシャなどを付けて目立たせることは控えましょう。

落ち着いた印象のヘアスタイルするのが無難です。

1 2 3 4
ページトップへ