花粉症で咳や発熱の症状?その理由と風邪との見分け方をチェック

花粉症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症の男性


花粉症は、目や鼻に集中して起こる症状ばかりだと考える方も多いかと思います。

しかし、意外と喉にも影響を及ぼし、突然の咳によって苦しくなる発熱や、倦怠感、悪寒がするという人も珍しくないそうです。

そもそも、

『なんで花粉症で咳が出るの?』

と、疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

実は、あるメカニズムによって、花粉症でも咳が出ることは証明されているそうです。

本記事では、花粉症によって何故咳が出てしまうのか。

その理由を簡単ながら解説していきます。

これが、みなさんに取って花粉症予防の助力になれば幸いです。

[adsense]

花粉症にも風邪と同様の症状が起きるって本当?

花粉症のピーク

花粉症は、あくまで目や鼻などに異常をもたらす病気だと思っていませんか?

最近では実際に、視力が悪くないにもかかわらず、伊達眼鏡をかけ、さらには外出時にマスクを身につけることで、花粉が体内に入ってこないようにしっかりブロックしている人も少なくありません。

もちろん、その対処は正しいことと言えるでしょう。

何も花粉症対策をしないと、大多数の人が目や鼻に異常をきたしてしまいます。

ただ驚くことに、花粉症には風邪に似ている症状として

咳が出る

微熱が出る

人も実際にいます。

そのため、花粉症にかかっている事に気が付かず、ただの風邪と思い込んでしまっている人もいるとか。

厳密には、花粉症の症状に風邪のような発熱があるということではありません。

花粉症によって、発熱が引き起こされるという、いわば発熱の原因になってしまっているのですが…。

花粉症で免疫力が低下してしまうことや、鼻詰まりがひどくなることで炎症を起こしてしまうことで、副次的作用として発熱や頭痛を起こすそうです。

1 2 3 4
ページトップへ