100万円の女たち(漫画)の正体とは?各キャラクターの目的を考察!

漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
100万円の女たち


内容がシュールで、謎の伏線が張り巡らされているミステリー系漫画『100万円の女たち』。

本作品には、五人の女性キャラクターが登場するのですが、全く素性がわかりません。

その上、17歳の女子高生から30歳のオトナな女性と年齢幅も広く、どんな関係性があるのか全く想像できない世界が展開されています。

しかも、主人公の作家・道間慎が、彼女らとシェアハウスすることになるわけですから、実に不可解な世界観ですよね。

そこで本記事では、『100万円の女たち』に登場する五人の女性キャラクターの正体を、考察を交えながらお話していきましょう!

[adsense]

『100万円の女たち』に登場する五人の女性キャラクター

100万円の女たち

ドラマ作品の原作にもなった漫画『100万円の女たち』には、五人の謎の女性が登場します。

それも、世代も価値観もバラバラで、なぜこの五人が招待されたのか全く意味不明なのですが、一体この女性たちは何者なのでしょうか?

100万円の女たちの正体は後ほど語っていくとして、まずは、どういうキャラクター設定なのか、紹介しましょう。

『100万円の女たち』の五人の謎の女たち

鈴村みどり(すずむら みどり)

17歳の現役女子高生。

学校があるためなのか、五人の女性の中で最も起床が早い。

ストーリーでは、最終的に高校中退してしまいます。

在学中はもっぱら受験勉強に明け暮れていて、朝はアセロラジュースがお決まりです。

嫌いな食べ物は、生のトマト。

塚本ひとみ(つかもと ひとみ)

陽気なタイプでヨガを日課にしている26歳の女性。

とくに働いている素振りはなく、何をしている女性なのか全くわからない。

紅茶を嗜み、香草とコーヒーが苦手。

開菜々果(ひらき ななか)

掴みどころがなく、『頭の弱い女性』を演じているような素振りも見えるが、実は芯の強い20歳の女性。

1 2 3 4
ページトップへ