宮﨑駿監督のアニメ映画次回作の公開はいつ?引退撤回の2つの理由

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮﨑駿

『風立ちぬ』で、もう全てのことをやり尽くしたからこそ引退表明した

と、ずっと思ってきただけに、まさか引退撤回するなんで、ただ驚かされるばかり…。

しかも、この話は決して写真週刊誌やネットニュースなどで報じられた噂レベルの情報ではないようです。

宮﨑駿監督とも長い付き合いである、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、アメリカでのイベントで明かしている事実なのです。

その話以外にも、一部のネット情報によると、既に次のスタジオジブリのアニメ映画制作の準備に入っているという話も。

タイトルは『毛虫のボロ』に決まっている

なんて話もあるようです。

さすがに、鈴木敏夫プロデューサーが、アメリカでのイベントの席で、次のアニメ映画作品のタイトルまで公表したかどうかは不明です。

ただ、2016年11月13日放送の、NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿』の中で、次のタイトルが明かされていたのです。

そして、このドキュメント番組の中では、しっかり映画製作に携わる宮﨑駿監督の姿も見られました。

それにより、先ほどお話した鈴木敏夫プロデューサーの話とリンクして、宮﨑駿監督の引退撤回が確実視されたのです。

確かにスタジオジブリが手がける作品は、どれも秀逸で面白いと評判も高いのですが、『思い出のマーニー』や『かぐや姫の物語』など、

宮﨑駿監督以外の別の監督が作った作品では、どこか物足らない

という印象を受けるのも事実です。

まぁ、厳密には物足らないというより、テイストが違うことなんだと思います。

高畑勲監督の名作『火垂るの墓』ですら、どこか物足りなさを感じるジブリファンがいると聞きます。

やはり、

ジブリ=宮﨑駿監督

というイメージが定着しているのでしょう。

1 2 3 4
ページトップへ