貴族探偵(ドラマ)の視聴率や評判が悪い理由はコメディが過ぎる?

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
貴族探偵


でも、それだけではつまらないのが、ドラマファンの素直な印象だと思います。

そんなファンの期待に応えて、コアなファンに満足いくような、少し奇抜な作品を作ろうとしているのであれば、たとえ二極化しても問題はないでしょう。

まぁ一部では、

「ジャニーズアイドル主演の月9ドラマで、最低記録を打ち立てるのでは…」

と話題にされてしまっていますが、今回に限っては、視聴率ワーストすらも覚悟はしていたと思います。

その中で、視聴率が9%台後半なら十分な結果だと思いますよ。

確かに月9ドラマとして視聴者も観ているだけに、物足りなさを感じてしまい、離れてしまうんでしょうけどね…。

[adsense]

貴族探偵に対する評価や評判は賛否両論

先程からお話しているとおり、月9ドラマ『貴族探偵』の評判や評価は、まさに賛否両論真っ二つにわかれています。

その最も象徴とされてしまっているのが、主人公である貴族探偵の存在意義にあります。

今回、この貴族探偵を、嵐の相葉雅紀さんが演じていますが、

「彼(相葉雅紀)と貴族の印象がマッチしない」

という人もいれば、

「松潤だったら良かったのに」

と先にダメ出しする視聴者も少なくなく、さらには、

『貴族探偵に存在意義はない』

と辛口な意見も見られています。

ただ一方では、『貴族探偵』原作そのものがこんな感じだから仕方ないと、貴族探偵を演じている相葉雅紀さんを擁護する声も挙がり、まさに賛否両論でした。

 

ここからは、あくまで筆者の見解ですが、あくまでこのドラマ『貴族探偵』は

ミステリーではなく、完全なるコメディドラマとして捉えれば

少しは見方も変わってくるかと思います。

そのように見れば、ワイドショーテイストやバラエティ番組の一部を切り取り、ドラマに取り入れている奇抜な面白ドラマとなっています。

まぁそんなふざけ心満載(もちろん良い意味です)のドラマなので、『貴族探偵』を少しでも面白く観るためには、少し角度を変えて見る必要はあるかと思います。

とりあえず深く考えずに、楽しんでみてもらえたらと思う次第です。

 

まとめ

一見ミステリードラマですが、実はかなりコミカルな要素があり、

ツッコミどころ満載で奇抜なドラマ

として放送されている、月9ドラマ『貴族探偵』。

もちろんミステリーなので、事件の真相はちゃんと解き明かされます。

しかし、その過程や設定そのものが、コミカルすぎるのです。

そのため、『面白い』と観る人と、『ふざけすぎ』と酷評している人とで、評価は真っ二つに分かれてしまっているようです。

視聴率が悪いのもそのためで、『貴族探偵』は、放送前からこうなることは織り込み済みだったのではないでしょうか。

1 2 3 4
ページトップへ