仲間由紀恵が太った(劣化)!田中哲司(旦那)との子供を妊娠中?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仲間由紀恵

素敵なクールビューティーなお姉さん

という印象がどうしても強い女優さんです。

パナソニックの美容機器のCMでも、そのキャッチフレーズで出演していましたね。

その他にも、『トリック』シリーズ、『ごくせん』などの数々のドラマで、奇抜ながら美しいキャラクターを演じてきたのです。

また一方では、『美しい隣人』、『サキ』などの作品では、ミステリアスな要素も加わっています。

 

そんな仲間由紀恵さんが、2014年に脇役として様々なドラマに出演していた

人気の俳優・田中哲司さんと結婚した

ことは、まだ多くの人が記憶している話と言って良いでしょう。

当時、電撃結婚として田中哲司さんとの結婚が発表されたため、もしかしてデキ婚では?という噂もあったようです。

しかしそれは、あくまでスキャンダルを避けるために水面下で田中哲司さんと交際し、結婚に至っただけの話だったようです。

とはいえ、結婚を機に旦那との子供がほしいと仲間由紀恵さんは考えていたようです。

タイミングを見計らい、ここ最近は徐々に女優としての仕事もセーブして、妊活をしているとか。

もちろん、これは噂レベルの話で確証はありません。

ただ一部関係者の話によると、『不妊治療もしていた』と言われています。

そのため、

『もしかしたら仲間由紀恵さんが子供を妊娠して太ったのでは?』

という話まで飛び出してしまっているのです。

そもそも、仲間由紀恵さんが太ったと話題になったきっかけは、先程もお話したとおり、『連続ドラマW 楽園』の、

完成披露試写会の席に登場した仲間由紀恵さんの体つきが、あまりにも違っていた

ことが一つのきっかけになっています。

どう考えても激太りであることには違いなく、個人的見解では、

『不節制だけで、このような激太りになっているわけではない』

と言うのが、筆者の意見です。

また、筆者同様あまりの不自然さに、妊娠説がネット上で囁かれているようです。

まぁ、いずれにしても、画像を見てもらえれば、きっと激太りしているということは事実と、誰もが思うでしょう。

太っていないという意見の方が、無理があると思います。

 

仲間由紀恵が太ったのは子供を妊娠のせい?

仲間由紀恵

仲間由紀恵

仲間由紀恵さんが、過去のクールビューティーと言われていた頃と比較して、明らかに太っています。

ただ、太っているわりには美しいという印象すら伺えますし、単純に節制を怠って太っているようには見えません。

そもそも、仲間由紀恵さんは完璧主義者として有名で、そんな彼女が突如激太りとなると、考えられる理由は、

  • 妊活による不妊治療の影響、及び子供の妊娠
  • 役作りにより激太り

というケースの、2つの理由くらいしかないでしょう。

 

では、実際のところどうなのかというと、仲間由紀恵さんが出演していたドラマ『楽園』の公式サイトを見てみた段階では、彼女が激太りしている絵は一切なく、役作りという話も一切聞かれていません。

つまり、今回の激太りは役作りによるものではなさそうと言えます。

 

次に、仲間由紀恵さんの妊娠説に関してですが、当時、子供を妊娠していて太っていたなら、そろそろ妊娠発表があってもおかしくない時期だと思います。

現在MCをしている『ミュージックフェア』だって、急にMC交代となったら、あまりにも不自然ですから、どこかのタイミングで発表があるのが自然です。

しかし、現在のところ発表がまだないことは、何かしらの理由が考えられます。

一つは、妊娠はしているが安定期に入っておらず、体調のことも考慮して発表を控えているケース。

もう一つは、別の理由で太っていたのを、完全に妊娠と誤解されてしまっているので、妊娠の事実は存在しておらず、とくに報告する必要もないので、スルーしてしまっているケース。

もし後者の場合が理由なら、たしかに妊娠発表がないのも説明がつきます。

これがとくにストイックなタイプでない女優であれば、十分ありえる話ですね。

しかし、仲間由紀恵さんの場合は、先程もお話したとおり、完璧主義者と言われているわけです。

不摂生であれだけ太ってしまったとなると…。

やはり、一番しっくり来る理由は、

妊活による不妊治療の末に太ってしまったのか、あるいは妊娠はしているものの、まだ安定期に入っていないか

のいずれかではないかと思います。

もちろん、何も発表がないわけですから、推測に過ぎない話ですし、単純に幸せ太りであるのかもしれません。

ただ、明らかに太った状況で仕事に来るとは、仲間由紀恵さんの場合、とても思えないのも率直なところです。

何より、2017年春ドラマ『貴族探偵』に、声だけで出ている

(スマホの検索結果を通達するための案内ガイド音声:ギリ役)

と言うのは、あまりにも不自然です。

1 2 3 4
ページトップへ