響(漫画)のストーリーあらすじとネタバレ!評価は今最高に面白い?

漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
響


みなさんは、漫画家・柳本光晴さんの漫画作品『響~小説家になる方法~』を知っていますか?

この『響』は、設定がとてもユニークで、しばらく読者離れが進んでいる文芸界に突如現れた一人の天才を中心にストーリーが展開します。

作家の苦悩や生き様などが綴られた、文芸版『バクマン』のような印象の作品といえるかもしれません。

この『響』は意外と知らない人も多いでしょうし、具体的にどんな漫画なのか気になる人もいるのではないかと思います。

そこで本記事にて、漫画『響~小説家になる方法~』のストーリーあらすじ・ネタバレを紹介し、実際の読者の評判もまとめていきたいと思います!

[adsense]

小説家の人間模様が伺える漫画『響』

響

  • 佐藤健さん・神木隆之介さん主演映画として注目を浴びた漫画『バクマン』
  • 黒木華さん主演ドラマ『重版出来』

など、マンガ業界の作家や出版社を舞台とした漫画作品はたくさんあります。

そして、本記事で紹介する漫画作品『響~小説家になる方法~』は、同じ出版業界を舞台とした漫画作品ではあります。

しかし、漫画をテーマにしているのではなく、

文芸作品(小説)

をテーマとしている漫画作品。

つまり、この『響~小説家になる方法~』は、小説家志望や小説家、文芸出版社(あるいは編集者)の目線で描いた漫画作品なのです。

とくにその中心にあるのは、今後の文芸界を変えると注目されている15歳の女子高生で主人公の鮎喰響(あくいひびき)。

詳しくは別途キャラ紹介の記事で紹介していきますが、とにかくこの鮎喰響という女子高生は、個性的なキャラクターで、かなりの曲者です。

中学時代は孤立していて、幼馴染の椿涼太郎を除いて友達もいません。

1 2 3 4
ページトップへ