響(漫画)の登場人物(キャラクター)をチェック!発達障害の噂とは?

漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
響


芥川賞・直木賞をW受賞する天才的な才能を見せる15歳の少女・鮎喰響。

彼女を中心に、小説家志望者、小説家、編集者のそれぞれの視点で織りなすストーリーが描かれた漫画『響 ~小説家になる方法~』。

この漫画は、主人公・鮎喰響を筆頭に、個性的な面々が登場していて、深みのある物語が魅力的な作品です。

では、実際に『響』にどんな登場人物(キャラクター)が登場しているのでしょうか。

また、主人公である鮎喰響に発達障害の噂が流れ、一方では幼馴染の涼太郎との恋の行方も気になります。

『響』の登場人物(キャラクター)の魅力を紹介しながら、その辺りの事情や見解も含めて本記事でまとめていきます!

[adsense]

響の登場人物(キャラクター)は個性的!

文章を読むこと、物語(小説)を書いていくことが好きな人達にとって、

小説家という職種は一つの憧れ的存在

であることでしょう。

そして、世間一般の想像もあって、作家志望の人は変わり者が多い話も耳にします。

漫画『響~小説家になる方法~』を読むと、癖が強く、それでいて純文学をはじめとする文芸が大好きな面々が多く登場するのです。

では、さっそく『響』の癖のある登場人物(キャラクター)を紹介していきましょう。

鮎喰響(あくいひびき)

響

作品のタイトルにも名前が出ているので、誰もがわかると思いますが、この、鮎喰響という女子高生が、『響』の主人公です。

元々、本を読むのが大好きな少女です。

その一方で、どこか閉鎖的というか、

自分と住む世界が違うと捉えているのか、他人をどことなく寄せつけないオーラ

を放っているところも見受けられる女子高生です。

歯に衣着せぬ物言いで、意にそぐわないことに対しては絶対に許しません。

1 2 3 4
ページトップへ