人が速く走るための走り方とは?ウサインボルトの名言をチェック

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世界で最も速い男を知っていますか?

100メートルを9秒58で駆け抜ける男

それがジャマイカのウサイン・ボルト選手です。

この記録は2009年8月16日に樹立したものですが、その後、今現在まで破られていないのです。

そしてそのウサイン・ボルト選手は日本にもやってきて、2013年12月19日にTBSで桐生祥秀選手と対談しています。

その時の動画が、2017年5月22日に公開されたのですが、桐生祥秀選手へのアドバイスと共に、ウサイン・ボルト選手の

人が速く走るための走り方とは?

などの数々の名言により、その動画には陸上ファンのみならず、一般の人々からも大きな反響が寄せられています。

そこで本記事では、ウサイン・ボルト選手による、人が速く走るための走り方や、名言(迷言)の数々を見てみることにしました。

[adsense]

ウサイン・ボルトのアドバイス

それでは、ウサイン・ボルト選手と桐生祥秀選手の、対談の動画を紹介しましょう。

この対談では、ウサイン・ボルト選手は色々と含蓄のある言葉を語っています。

それは桐生祥秀選手へのアドバイスではありますが、スポーツ全般あるいは人生の生き方にまでかかわる内容なのです。

『その記録を越えよう』などと、焦ってはならない。

速く走ろうなんて考えるな。

自分の走りをすることだけを考えた方がよい。

いいか、桐生。自分のために走れ。それが国のためになればそれでよい。

決して国のためだけに走ってはだめだなんだ。

桐生祥秀選手の、過度に国民の期待に応えようとする姿勢への、戒めなのでしょう。

スポーツでよい成績を上げるためには、『ある程度』のプレッシャーがかかった方がよいと言われます。

1 2 3 4
ページトップへ