秋田美人の芸能人や女優をチェック!その言葉の由来や意味とは?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
佐々木希

菅原紗由理さん:現在、THE SxPLAY名義で活動、ジャンルはJ-POP

藤あや子さん:演歌歌手

桜田淳子さん:花の中三トリオの一人

アスリート

江畑幸子

江畑幸子

江畑幸子さん:バレーボール選手

タレント・モデル・女優

(左から)佐々木希・加藤夏希・壇蜜

(左から)佐々木希・加藤夏希・壇蜜

佐々木希さん:タレント、ファッションモデル

加藤夏希さん:女優、モデル

壇蜜さん:女優、グラビアアイドル

お笑い

鳥居みゆき

鳥居みゆき

鳥居みゆきさん

以上、ざっくりではありますが、有名どころの秋田美人芸能人をピックアップして、一覧にまとめてみました。

単純にタレントだけでなく、アスリートやお笑いなど、幅広いジャンルで秋田美人は活躍しているみたいですね。

まぁ、鳥居みゆきさんに関しては、あまりにも奇抜なキャラクターなので、賛否わかれてしまうかもしれません。

でも、あの奇抜な個性を差し引いたら、かなりの美人だと思います。

そして、秋田美人を代表とする芸能人を見ていくと、やはり

佐々木希さん、加藤夏希さん、壇蜜さん

が代表という印象が強いです。

乃木坂メンバーであるにもかかわらず、AKB48選抜総選挙(2014年)で選抜入り(14位)を果たした生駒里奈さんも秋田美人の一人です。

彼女だけでなく、秋田美人のアイドルも増えつつあり、今後多方面で秋田美人が芸能界に進出していくのでは?と期待したくなる状況と言えますね。

彼女たち秋田美人が、秋田県を代表して芸能界で活躍していくことで、秋田県が活性化するのは間違いないでしょう。

 

秋田美人の言葉の由来・意味は?

秋田美人は、

肌が白くて美しい

という話を耳にします。

秋田の文化で生まれ育っているから美人になっている傾向が見受けられるのかというと、決してそういうわけではありません。

そこで秋田美人の由来を調べてみると、実に面白い説が聞かれます。

というのも、秋田美人と言っているのに、由来に秋田が直接関わっていなかったのです。

では、具体的に秋田美人の由来と言われている説を紹介していきます。

秋田美人の由来1・ロシアが関与してる説

今でこそ、日本人と外国人が結婚し、ハーフ(混血)の子供が生まれていることは珍しいことではなくなりました。

でも、この流れというのは、決して今に始まったことではなかったようです。

 

かつて、昭和8年~11年に日本に住んでいたドイツのブルーノ・タウトは、当時のナチス政権に迫害を受けて、日本へ亡命します。

その中で、

秋田に訪れた時に白い肌の秋田美人に遭遇し、秋田美人にはロシアの血が流れている

と言っていたそうです。

このことが、一つのきっかけとして、『秋田美人』という言葉が拡散されていったと言われているようです。

確かに、北方領土問題も含め、北海道はロシアと日本の繋がりが深い地です。

北海道経由でロシア人が秋田県を訪れ、日本人女性と結婚し子供を授かったのだとしたら、

ロシア人のように白い肌の美人が多くなる

というのも頷ける話です。

ただし、元々ロシア人は、モンゴル人の奴隷として生きていた歴史があるらしいのです。

そのため、江戸時代以前には、肌の色の白いロシア人が極東に住むことはできなかった話も耳にします。

もちろん、今よりはるか昔(チンギス・ハンがモンゴルを統治していた時代)の話です。

その時代へと遡ってみないことには、古文書だけを掘り起こしても、断言できないところもあるような気がします。

ただ、スターリンがロシア(旧ソ連)の最高指導者だった頃、今のような白人系ロシア人が、一度亡命した後にスターリンの許諾を受け、

ソ連国籍を得た後に、極東に移り住んできた

という話もありました。

 

以上、これらのことを踏まえて考えると、日本人(秋田県民)とロシア人の混血という説は、可能性として低そうに思えます。

とはいえ、ロシアからの亡命は絶対にないとは断言できません。

このあたりはなんとも言えないところですね。

秋田美人の由来2・佐竹藩主・佐竹義宣が関係している説

歴史の教科書で、

“常陸国”

というワードを見たことがあると思います。

この常陸国というのは、今で言うところの茨城県の旧国名です。

(茨城の大部分と言った方が良いかも…)

この地を治めていたのが、佐竹藩主・佐竹義宣でした。

厳密に言えば、佐竹義宣は佐竹氏19代当主で、もっと前の時代から佐竹氏は栄えていました。

ここで重要なのは佐竹義宣なので、ここでは詳しい歴史は割愛しましょう。

 

さて、この佐竹義宣という人物ですが、小田原城攻めの功績を讃えられ、豊臣秀吉の命で水戸城を統治していたのです。

ところが、関ヶ原の合戦に豊臣軍が敗れ、徳川家康に

秋田への国替え

を命じられてしまうのです。

その際、佐竹義宣は

水戸にいた美人を全て引き連れて、秋田に国替えしてしまった

と言われています。

そして、このことを機に、

水戸には不美人が、秋田には美人が多いと言われるようになり

秋田美人と言う言葉も、この頃に生まれたのではないかと言われているようです。

まぁあくまで一つの説にすぎない話です、

ブス・美人の境界線は、人の価値観によって変わるところもあります。

なので、はっきり言いづらいところはあると思いますね。

秋田美人の由来3・鉱山産業に携わる人の吹聴がきっかけ説

明治の頃。

1 2 3 4
ページトップへ