山田孝之3D(映画)の評判はゴミ?ストーリーあらすじとキャスト紹介

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山田孝之

それは、映画監督:山下敦弘さんを巻き込み、

合同会社カンヌを設立し、世界三大映画祭の一つであるカンヌ国際映画祭に出典

する映画作品を撮ろうというものでした。

要は、映画作品のプロデュースを山田孝之さんが、メガホンを山下敦弘監督がとるわけ…。

といっても、山田孝之さんは俳優が本業です。

これまでに一応、ミュージックビデオなどで監督になった事はありますが、

基本的に、脚本家でも映画監督でもない

わけです。

俳優視点で、いきなり映画作品をプロデュースできるのか、非常に気になるところですね。

しかも、この二人がタッグを組んで制作した

映画のタイトルが『山田孝之3D』

と、ますます不可解なタイトルとなっているだけあって、一体どんなストーリー内容の映画なのか気になってしまいます。

 

残念ながら、『山田孝之3D』の肝心のストーリーあらすじは、まだわかっていないみたいです。

まぁそこは、公開日である2017年6月16日になってのお楽しみなのでしょう。

 

ただ、どうやらこの『山田孝之3D』は、山田孝之さんのドキュメント映画であると同時に、以前放送された『山田孝之のカンヌ映画祭』がベースになっているようです。

では、まず『山田孝之のカンヌ映画祭』のストーリーあらすじを見ていきましょう。

 

全ては、『勇者ヨシヒコ』シリーズ撮影中の

山田孝之(役:山田孝之さん本人)に映画監督:山下敦弘(役:山下敦弘監督本人)が呼び出された

ところから始まった…

何の話かも事前に聞かされてなく、ただ呼び出された山下は、突然山田にカンヌを目指して映画を撮らないかと誘われます。

山田は、アカデミー賞などの賞をあまり受賞していないらしく、

1 2 3 4
ページトップへ