ハガキとミニレターの違いとは?料金/サイズ/重さ/日数をチェック

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近『ミニレター』という郵便物が話題になっています。

この『ミニレター』は日本郵便での正式名称は、『郵便書簡』という名前で、

封筒と便箋が一つに纏まった郵便物

です。

郵便制度上では、第一種郵便物に入り、通常のハガキや封筒と同じ扱いになります。

『ミニレター』が最初に導入されたのは1966年のことですので、ずいぶん前からあったわけですね。

その料金は、1981年までは定形郵便物と同一料金でした。

それがなぜ最近になって話題になっているのかといえば、

『安くて便利!』

だからなのです。

今回は、このミニレターとハガキの違いや、料金/サイズ/重さ/到着までの日数などを調べてみました!

[adsense]

ハガキとミニレターの違いとは?

2017年6月1日から、ハガキが値上げになりました。

通常ハガキは、これまでの

52円から62円

と、10円値上げになったのです。

値上げは1994年1月以来で、23年ぶりだそうですね。

値上げするものはハガキだけではありません。

年賀はがき

12月15日~1月7日の間に『年賀』と明記して差しだした場合のみ、52円のまま据え置き。

基本は62円。

定形郵便

82円~92円のまま据え置き。

定形外郵便

重量に応じて80円~150円に値上げ。

ただし、規格内の郵便物は一部値下げ。

平均では、1通あたり100円程度の値上げとなる。

ゆうめーる

規格を超える場合に限り、85~100円値上げ。

近年の消費税値上げプラスに加えて、郵便料金値上げのダブルパンチですね。

そこで『ミニレター』の出番です!

このハガキの値上げにより最近注目され始めたのが、『ミニレター』なのです。

こちらも料金はハガキと同じ62円ですが、ハガキとは大きな違いがあります。

ミニレターとハガキの違い

ミニレター

ミニレター

1 2 3
ページトップへ