ハガキとミニレターの違いとは?料金/サイズ/重さ/日数をチェック

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この『定価以下』の差分で安くなります。

料金は62円

『ミニレター』の料金は、全国一律で62円。

このように、『ミニレター』とハガキは、使い勝手が違います。

ハガキと同じ料金で、写真などを送れるのは、とくに便利です。

 

ミニレターのサイズや重さは?

『ミニレター』のサイズや重さなどの注意点をまとめてみました。

ミニレターのサイズや重さの注意点

ミニレターのサイズ

ミニレターの組立後のサイズは、

長辺:16.4cm

短辺:9.3cm

厚さ:1cm以下

が規定です。

82円で送れる通常の定形郵便の封筒サイズより、かなり小さくなっています。

ミニレターの重さ

『ミニレター』の重さは、

最大25g

までです。

ミニレター自体の重さは9gなので、プラス16gまでの、薄くて軽いものなら同封可能。

同封によく使われるのは、写真、シール、各種書類などの紙ですね。

なお、現金は同封できません。

ミニレターの注意点

ミニレターで注意すべきことは、

『25g』をオーバーすると、『定形外郵便扱い』となります。

定形外郵便物は、最低でも120円になります。

『ミニレター』の最大のメリットである『安さ』がなくなってしまうのです。

『ミニレター』を使う場合、確実に25g以内に収まるようにするべきでしょう。

どうしても25g以上になる場合は、通常の封筒にすれば92円で送れます。

ミニレターは専用のものに限ります

ミニレターは専用の便箋つきになっています。

封筒をミニレターと同じ大きさに切って、62円切手を貼って送ることはできません。

あくまでもミニレター専用の便箋でなければならないのです。

実際に『ミニレター』を使用する時の手順を記しておきましょう。

  1. 郵便局等でミニレターを購入
  2. 便箋部分にメッセージを書く(必須ではありません)
  3. 同封するものがあれば、中に入れる
  4. ミニレターを組み立て、宛名を書く
  5. 裏に自分の名前を書く
  6. 封をして完了

このような具合になります。

組み立てを別にすれば、封筒などと同じですね。

なお、ミニレターは無地だけではなく、サンリオのキティちゃんなど人気のキャラクター入りの『ミニレター』もあります。

ミニレターは到着が遅い?日数をチェック

ここまでで『ミニレター』は、安くて便利なことはわかってもらえたと思います。

ただ、配達に時間がかかるのでは?という心配もあるでしょう。

 

しかしご安心下さい!

実際に『ミニレター』を使用した人の話では。

ミニレターの配達までにかかる日数は、定形郵便物やはがきと同じ

とのこと。

通常の普通郵便の扱いであれば、夕方の締め切り時刻までに出した場合、

近くの地域なら翌日に配達

され、やや遠い地方なら

翌々日に配達されるのが原則

だそうです。

ただし、離島などでは、差し出し3日後以降になる地域もあるようです。

以下、『ミニレター』を東京から送った場合の、地域別の配達日数の目安です。

これらはいずれも郵便局で出した場合であり、ポスト投函は数時間遅くなります。

東京からの地域別配達日数(普通便)
差し出し場 届ける場所 差し出し時間 届く日
東京都 東京都 午前 翌日
午後
愛知県 午前
午後
大阪府 午前
午後 翌々日
広島県 午前 翌日
午後 翌々日
福岡県 午前 翌日
午後 翌々日
沖縄県 午前 翌日
午後 翌々日

こちらは『速達』扱いで、『ミニレター』を送った場合の配達日数の目安です。

東京からの地域別配達日数(速達便)
差し出し場 届ける場所 差し出し時間 届く日
東京都 東京都 午前 翌日午前
午後
愛知県 午前
午後
大阪府 午前
午後 翌日午後
広島県 午前 翌日午前
午後 翌日午後
福岡県 午前 翌日午前
午後 翌日午後
沖縄県 午前 翌日午前
午後 翌日夕刻

こうして見ると、通常の封筒やハガキと『ミニレター』は、ほぼ全く同じですね。

少なくとも、『ミニレター』だから遅くなるという心配はなさそうです。

 

まとめ

今回は『ミニレター』という、あまり馴染みのなかった郵便物を見てきました。

『ミニレター』自体は、1966年からあった郵便であり、最近できた郵便物ではありません。

そんな『ミニレター』が、一躍注目されたのは、2017年のハガキの値上げが原因。

『ミニレター』が通常の封筒と比べても、便利ということもわかりました。

みなさんも、一度『ミニレター』を利用してみてはいかがでしょうか。

1 2 3
ページトップへ