メアリと魔女の花はジブリ?ストーリーあらすじと主題歌をチェック

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メアリと魔女の花

優しく幻想的な世界観を醸し出しながら、一方で、冒頭の歌詞にある

「魔法はいつか解ける」

というワードが指し示すような、現実社会へと引き戻された時のちょっと切ない感じも、しっかりこの楽曲『RAIN』で描かれていくでしょう。

ちなみに、この楽曲を聴いた米林宏昌監督は、思い描いたとおりの出来栄えで、大満足だったみたいですよ。

『メアリと魔女の花』の絵コンテの時点から、セカオワメンバーと綿密に話し合い、温めてきた本作の主題歌『RAIN』。

まさに『メアリと魔女の花』のための楽曲となることでしょう。

どこか切なく、でもどこか懐かしくて心がほっこりする素晴らしい楽曲として、この映画を飾ってくれることと思います。

みなさんも、ぜひ、劇場で『メアリと魔女の花』の主題歌『RAIN』を聴いてくださいね。

 

まとめ

米林宏昌監督、西村義明プロデューサーがタッグを組み、手がけたアニメーション映画『メアリと魔女の花』が

2017年7月8日に公開

ストーリーあらすじとしては、ごく平凡な女の子が主人公のメアリ。

森で禁断の魔女の花とほうきを見つけたことをきっかけに、特殊な能力を得て魔法学校に入学。

そんなメアリが、いろんな人との出会い・経験を通じて、成長していく物語です。

元ジブリの二人がタッグを組む作品で、ジブリ映画『魔女の宅急便』を意識し、『メアリと魔女の花』には、ジブリテイストも見受けられます。

さらにセカオワが手がける主題歌『RAIN』も含め、21世紀ならではの新たな魔女の物語となっています。

ぜひ一度観てみてくださいね!

1 2 3 4
ページトップへ