フライドポテトの健康被害(病気)リスクを考察!食べても良い量は?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポテト


ジャンクフードという言葉があります。

主にフライドポテトやポテトチップスなどのファストフード類を指しますが、これが健康被害(病気)の原因となるらしいのです。

まさに『ジャンクな』フードというわけです。

この健康被害(病気)の原因としては、

  • 有害物質が含まれている
  • 脂質が多い

以上の2つが主な理由らしいですね。

ポテトチップスは中毒性のある『マイルドドラッグ』

と呼ぶ人さえいるのです。

また、フライドポテトを週2~3回以上食べると、

健康被害(病気)が発生するリスクが2倍になる

という研究報告もあります。

そこで今回は、フライドポテトやポテチの健康被害(病気)リスクを考察し、食べても良い量などを調べてみました。

[adsense]

フライドポテトなどのジャンクフードは危険?

ある人がマクドナルドのフライドポテトを、3年間放置してみたのです。

ところが、そのマクドナルドのフライドポテトは、3年経っても腐敗していなかったそうです。

通常、食品を3年間も放置して腐敗しないことは、ビスケットや乾パンなどの保存食を除けば、まずありえないですね。

つまりは、フライドポテトに保存料がたくさん使われているのではないでしょうか。

食品の保存料は、

  • ソルビン酸
  • ソルビン酸カリウム
  • 安息香酸
  • 安息香酸ナトリウム

などがあります。

このうち、ソルビン酸、ソルビン酸カリウムを除いて、一日摂取許容量(ADI)が定められています。

一日摂取許容量(ADI)が定められているということは、

多量に摂取すれば危険

ということでしょう。

 

この例に限らず、食品には多種の添加物が含まれる場合が多く、また主成分にも健康上の問題でてくる成分が、かなり多いようです。

1 2 3 4
ページトップへ