酒に強いと痛風になる理由とは?ダメな食べ物(食事)一覧チェック

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そして、なにかのきっかけで結晶がはがれ落ちると、体内の免疫システムを担っている白血球が、尿酸結晶を異物と認識して攻撃します。

この時、白血球は色々な物質を放出し、毛細血管を拡張させたり、血流を増加させたりします。

その際、赤みや腫れと同時に激痛を引き起こしてしまうのです。

これが、

「風がふいても痛い」

と言われる、痛風の痛みの原因です。

 

尿酸は血液中にありますが、通常は血液100mlにつき7mgまでしか溶解できません。

これを越えた濃度になると、尿酸による結晶が作られてしまうのです。

ですので、痛風を起こさないためには、

体内の尿酸値を正常値以下にする

ことにつきます。

それでは、痛風の原因となる尿酸値が上がらないようにするには、どうしたらよいのでしょうか。

痛風の原因!尿酸値の上昇を防ぐには

適切な食生活

これが一番大切です。

痛風患者の半数が肥満であり、肥満の度合いに比例して尿酸値が高くなる傾向があります。

やはり適正な体重の維持は、大事なことなのです。

なお、痛風によい食べ物・悪い食べ物は、次項で説明するので、ここでは割愛。

飲酒を控える

これも大事ですね。

とくにビールはプリン体(尿酸を生成する元の物質)が多いので、痛風に良くないと言われています。

しかしビールに限らず、お酒は痛風には禁物!

お酒を飲むことにより、尿酸値が上昇する理由は2つあります。

お酒のアルコールが肝臓で分解される時に、尿酸の生成を増やしてしまいます。

それと共に、

お酒は尿酸の排泄を低下させる働き

があるとのことです。

さらに、アルコールの利尿作用によって体内の水分が減ると、相対的に血液中の尿酸濃度が上がってしまいます。

このような理由で、通風にはお酒は禁物ということですね。

ただし、『比較的』(あくまでも比較的です)害にならない飲み方もありますので、後述します。

脱水状態にならないようにする

激しい運動は一時的に尿酸値を上昇させると言われています。

スポーツをする時や、これからの暑い日には、こまめな給水が必要です。

軽めの運動を日常的に行う

適度な運動は痛風のみならず、日常の体調維持にも非常に役立ちます。

ウォーキングや軽いジョギングなどの

有酸素運動を1回20分以上

週3日程度やれば、痛風の予防以外にも、高血圧の防止や、コレステロール・中性脂肪の低減などに、大きな効果があります。

これらの運動は、時間や強度・頻度をあまり難しく考えず、

『なんでもいいからとにかくやらないよりはましだろう』

程度に考えた方が長続きします。

全くやらないよりはやった方が確実に良いのが、日常の運動です。

通風の対策・治療ですが、やはりメインは食事療法になります。

その他には、薬事療法もあります。

  • 痛風の発作を抑える薬の『コルヒチン』
  • 痛みや炎症を抑える薬の『非ステロイド性鎮痛薬(NSAIDs)』

などがあります。

また、原因となる尿酸値を下げる薬には2種類あり、

  • 尿酸生成抑制薬
  • 尿酸排泄促進薬

のどちらかが使われるそうですね。

しかし、痛風における薬は、補助的な位置づけになるでしょう。

 

通風によくない食べ物(食事)とは?

それでは痛風対策のメインである、食べ物(食事)についてです。

注意点としては、とにかく

  • 食べ過ぎない
  • 飲み過ぎない

ということにつきるでしょう。

適正な摂取エネルギー量を維持し、充分な水分を取り、尿酸値を基準値以内に収めることが大事です。

お酒については、禁酒が一番ですが、それができない人には、

量を減らすか、休肝日をもうける手もあります。

痛風対策としての1日のアルコール摂取の許容量は、

  • アルコール分にして約25g
  • 日本酒1合
  • ビール500ml相当

とされているそうです。

では、痛風によい食べ物とダメな食べ物のリストです。

痛風によい食べ物

痛風によい食べ物とは、プリン体が少ないアルカリ性の食べ物です。

野菜類

  • ほうれん草
  • ごぼう
  • 人参
  • カリフラワー
  • キャベツ
  • アスパラガス
  • かぶ
  • なす
  • かぼちゃ
  • きゅうり
  • インゲン
  • 大豆
  • しいたけ

果物類

  • メロン
  • バナナ
  • グレープフルーツ
  • いちご

海藻類

  • 昆布
  • ひじき
  • わかめ
  • もずく

芋類根菜類

  • さといも
  • じゃがいも
  • さつまいも

上記の食べ物では、あっさりし過ぎていて物足りないという人には、その他にも、プリン体の含有量が『比較的』少ない食べ物があります。

  • 魚肉ソーセージ・かまぼこ・ちくわ・数の子などの魚製品
  • 牛乳・鶏卵の白身などの乳製品と卵類

痛風にはダメな食べ物

こちらは、痛風によくないプリン体の多い食べ物と、酸性度の高い食べ物です。

肉類

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • 牛肉
  • 牛肉のレバー
  • ベーコン

魚介類

  • うなぎ
  • サバ
  • かつお
  • ブリ
  • マグロ
  • アサリ
  • ホタテ
  • エビ
  • 牡蠣
  • タコ
  • いわし
  • アジなど魚の干物類
  • スルメ
  • 白子
  • アンコウの肝

このほかにも、乳製品、卵類、卵黄、チーズなどもダメな食べ物ですね。

うーん・・・。

美味しい食べものは、みんなダメな食べ物に該当しそうですね。

こんな精進料理みたいなものばかり、食べなければならないとは、やはり通風は恐ろしい病気といえるでしょうね。

 

まとめ

今回は、とくに

お酒に強い遺伝子を持つ人は、酒を飲まない人でも、痛風になるリスクが酒に弱い人より2倍近く高い

という研究結果はショッキングでしたね。

1 2 3 4
ページトップへ