オセロット(メタルギア)の正体と最期の結末(ネタバレ)!目的は?

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンハッタン沖タンカー沈没事件/ビッグシェル事件(MGS2)

『メタルギアソリッド2』でのオセロットは、タンカー編ではメタルギアRAYを奪うため、セルゲイ・ゴルルゴビッチ大佐とともに偽装タンカーを占拠。

その後、自らが『愛国者達』の部下だということを語ると、ゴルルゴビッチ大佐の命を奪い逃走。

この頃から、EVAが盗んだS3計画や、サイコセラピーにより、リキッドに意思を乗っ取られたかのような振る舞いを見せ、『愛国者達』へ本格的に反旗を翻すようになりました。

続く、ビッグシェル事件では、相変わらず『愛国者達』からのスパイとして、ソリダス・スネークの元で暗躍。

徐々にリキッド化していき、『メタルギアソリッド4』では、遂にリキッド・オセロットとして覚醒するのです。

ガンズ・オブ・ザ・パトリオット事件(MGS4)

オセロットが行ったこれまでの行為。

その目的は、『メタルギアソリッド4』でようやく判明していきます。

リキッド・オセロットとして覚醒し、オールド・スネークと敵対しながらもそれを利用。

さらにはEVAやナオミと敵対していると思わせながらも実は協力していたという、実にまどろっこしい方法を使ってまで成し遂げたかったこと…。

そんなオセロットの目的は、

『愛国者達』を滅ぼすこと

そして『J.D』を破壊し、

敬愛するビッグボスを解放する

というこの2つの願いだけでした。

オセロットが仕組んだ計画では、ビッグボスの解放、そして『愛国者達』の滅亡が可能でしたが、その代わり、世界のインフラが崩壊。

世界中が大混乱に陥ってしまうリスクがありました。

しかし、オールド・スネークらの活躍により、ビッグボスの解放、そしてインフラは崩壊せず残ったままで『愛国者達』が滅亡。

オセロットが思っていなかった、実に理想的な形でオセロットの目的が果たされるのです。

オセロット自身は、スネークとの最期の肉弾戦の末、リボルバー・オセロットとしての人格を取り戻し、最後に名言、

「いいセンスだ」

を言い放ち、スネークに仕込まれた新型FOXDIEによって絶命。

オセロットは、常に何かの皮を被り続けていたものの、その人生の3分の2以上をビッグボスへの忠義で過ごして、70年の人生の幕を閉じました。

三重スパイなど、やってはならないことを繰り返した不届き者に感じるかもしれませんが、オセロットの行動理念は常に

『ビッグボスへの忠義』

であり、そういう意味では、彼を忠義の人と呼んでいいかと思いますよ。

 

オンラインではオセロットでプレイ可能!

mgo3

実は、オセロットは『メタルギアオンライン3(MGO3)』で、ユニークキャラクターとして操作ができるのをご存知でしたか?

ユニークキャラクターと言われる存在では、スネークも操作が可能。

通常のキャラクターとは違い、固有アビリティを持っており、オセロットの場合は『SHALASHASKA』。

TORNADO-6の跳弾が、マーキングした敵を追尾してくれるシステムとなっているみたいですね。

オセロットファンの方は、ぜひプレイを!

2017年からオセロットがFOBに参戦!!

2017年8月配信のアップデートを実施すれば、FOB 潜入時にオセロットを使用することが可能になりました。

スーツやヘッドオプションの変更はできませんが、若干のカモフラージュ効果が効くようになり、リロード・構え速度の性能が高めになっているんです。

「TORNADO-6」を使用した時にはを拳銃モードで戦うことができ、マーキングした敵を跳弾で狙うことができます。

オセロットの防御力は開発済みのバトルドレスの最高グレード相当となるそうです。

 

View this post on Instagram

 

Maru†Zerø [マル]さん(@maru.zero)がシェアした投稿

「メタルギアソリッド V ファントムペイン」はオープンワールドのステルスゲームです。

8月のアップデートではオセロットがホームに参戦しただけでなく、身軽に動けるようになった水着コスチュームの追加や、ワームホール生成器の強化が同時に発表されました。

オセロットのファンが多いだけに、今回の追加を心待ちにしていた方も多かったようです。

アップデートの対象プラットフォームは、PlayStation 4、Xbox One、PC(STREAM)です。

上記の対象プラットフォームについては、一度訂正された経緯があるのでご注意ください。

 

View this post on Instagram

 

MMA ACTIONさん(@mixedmartialarts_action)がシェアした投稿

ちなみに先日、人気ラッパーのカニエ・ウエストがメタルギアの生みの親・小島秀夫さんを探しているとのニュースが流れました。

小島秀夫さんがニューヨークを訪れていることを知ったカニエは、Twitter で「小島秀夫に会いたい。誰か彼の居場所を教えてくれるか、マレーにコンタクトを取とる方法を知っている人はいないか?」と呼びかけました。

これに対しThe Game Awards の主催者として知られるジェフリー・リーが「了解したぜ!」と返信しています。

カニエ・ウエストはなぜ小島秀夫さんに会いたがっているのでしょうか?

もしかしたら新作ゲームとの何か関わり合いがあるのかもしれません…!!

メタルギア…小島秀夫…カニエ・ウエスト…なんだかおもしろいことが起きるのかもしれませんね!!

まとめ

メタルギア作品で重要なキーパーソンを担ってきた『オセロット』。

ここまでオセロットの正体から最期の結末までの活躍をご紹介してきましたが、その特殊な魅力から人気の秘密がわかってきたような気がします。

残念ながらゲームとしては、オセロットを動かしてストーリーに関わる形でのプレイはできません。

熱烈なオセロットファンの方達には残念な話ではありますが、

・メタルギアオンラインでは『オセロット』が操作できる

・今後DLCなどで、本編でも『オセロット』をプレイできる可能性がある

といった希望もゼロではないので、可能性としては残されています。(ほぼゼロですが)

それと、生みの親である小島秀夫監督の動向にも注目したいところですね!

MGS5ファントムペインの記事はコチラもよく読まれています!

メタルギアソリッド5ファントムペインまでの伏線とストーリー予想

MGS5TPPのカットストーリーネタバレ!未完成で評価急落の理由とは

1 2 3
ページトップへ